体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京おもちゃショー2018:エンジンの音と振動が感じられる『トミカ4D』は心が震えるミニカーだった

東京おもちゃショー2018:エンジンの音と振動が感じられる『トミカ4D』は心が震えるミニカーだった

6月7日から10日にかけて東京ビッグサイトで開催された『東京おもちゃショー2018』。タカラトミーは10月に発売する『トミカ』新製品『トミカ4D』を出展しました。

従来と同じサイズの車体に振動モーターとスピーカーを搭載し、車のエンジンの振動と音をリアルに再現するミニカー。

tomica4d2

車体を上から押し込むと沈み込むサスペンション機能を利用し、押し込むことでエンジンをかける、エンジンを切るという操作が可能。エンジンが始動すると本体が振動し、エンジンのアイドリングの振動を再現します。アイドリング中は車体を軽く押し込むと空ぶかしをして、10回に1回の割合でクラクションを鳴らすという仕掛けも。

手転がしで走行させると、リアルな走行音を再生。走行音の種類によって振動が変化します。

【東京おもちゃショー2018】エンジンの音と振動が感じられる『トミカ4D』(YouTube)
https://youtu.be/j7nj9sWLxXc

スポーツカータイプとして、『01 日産 GT-R バイブラントレッド』『02 日産 GT-R メテオフレークブラックパール』『03 ホンダ NSX ヌーベルブルー・パール』『04 ホンダ NSX カジノホワイト・パール』の4車種をラインアップ。これらは自動車メーカーの協力により、実写のエンジン音を収録した臨場感のあるサウンドが楽しめるそうです。このほか、はたらくクルマとして『05 トヨタ クラウン パトロールカー』『06 トヨタ ハイメディック救急車』の2車種をラインアップ。希望小売価格は予価1600円(税別)です。

小さいころ、「ブーン」「プップー」と口マネしながら遊んでいたミニカー遊びが、こんなリアルな音と振動で遊べるようになるとは。大人が手にすると、ちょっと感動してしまうこと間違いなしです。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy