体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人が怒るのは食べ物の話だけ!? 広島人「怒るのはお好み焼きのことぐらい」に賛同多数

okonomiyaki_01

2018年秋アニメ『二度目の人生を異世界で』が、原作者のまいん氏が過去にヘイトスピーチを『Twitter』に投稿していたことがもとで主要キャストが次々と降板するという事態になったことが記憶に新しいところですが、あるユーザーが次のようにツイート。さまざまな反応が集まっています。


「日本人だってエノラ・ゲイ乗員が無双するラノベがあったら怒るだろう」
「いや別に」
「まじか。広島は日本人は怒ることはないのか」
「怒るとすればお好み焼きのことぐらい」
「広島焼きのことか?」
「おこらんけぇもういっぺんいうてみい」

これには「これは戦争起こる」「ご飯のことになると本気になる」という反応が寄せられていたほか、「実際にやってしまった」という人も見られました。

また、作家の川奈まり子さんは次のようにツイート。


広島の被爆者1世と結婚していたことがある(前夫のことね)私が太鼓判を押します。これは本当じゃ。ハイパーにリベラルじゃけぇ、日本がひどうやられとる小説には怒らんけど、広島焼きおよび広島風お好み焼きは禁句じゃった。

同じように、広島人と思しきユーザーからは次のようなツイートも。


別に広島焼き言われても怒らんわw
ただちょこっとムッとするだけよ?
広島人にとってはそばうどん入りがお好み焼きであって、混ぜ混ぜの粉もんが関西風ってだけでして(ニッコリ)
関係ないけどもんじゃは生っぽくて苦手

「面白いのなら全然構わない」「創作物は不謹慎でいい」「怒っても仕方ない」といった意見も見られたラノベとお好み焼きに対する広島人のスタンス。「日本人が怒るのは食べ物のことだけ」という声も多数上がっていて、創作に関して大多数は寛容だという一端が示されているといえるのではないでしょうか。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。