体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつまで新人気分なの?」へのパワーワード返答に賛否両論! 「ごもっとも」「仕事ができない人の言い訳」

newface_01

新入社員として就職してもなかなか給料が上がらない会社も多いこのご時世。転職組だと尚更その傾向が強くなるのではないでしょうか。

そんな中、ある『Twitter』ユーザーが「いつまで新人気分なんですか?」と言われた時の回答をツイート。


いつまで新人気分なんですか?みたいなことを言われても「給料変わらないからです」と自信を持って回答できる。

「使えるフレーズ」「ごもっとも」という声が上がっていたこのフレーズ。中には「給料が上がらなければ生産性を上げる気にならない」という意見もあったほか、別のユーザーからは次のようなツイートも。


「後輩が入ってこないからです」も追加で

また、「給料が上がるどころが下がることもある」「責任者クラスでも2~3万しか変わらない」といった経験談も寄せられていました。


手当が削られて入社時より給料が下がった自分は研修生気分で居ようかと思います


しかも10年単位で課をシャッフルされて万年ペーペー待遇。
ブロイラーの順位で言えば最下位キープのまま迎える40代半ば(^^;)  転職考えても良い?

一方で、「仕事ができない人の言い訳」「だから給料も変わらないのでは」という厳しい意見も多く見られました。


こんなこと言ってるからいつまで経っても改善できないんだよ
文句言う暇があったら上に認めてもらう努力なり転職なりしろ

「給料も待遇も変わらないまま」「責任だけ重くなる」という声があったほか、「自信がある人は交渉して給料を上げている」といった意見も呼び起こしていた“新人気分”ツイート。モチベーションを上げるために、待遇の改善が先か、実績を積むのが先なのか難しいところですが、キャリアアップの道筋が見えにくくなっていることもその一因として挙げられるのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2013/01/24-375529.php [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。