体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『銀の匙』10か月ぶりの掲載にファン歓喜 安室さんとの相乗効果で『少年サンデー』がまた品薄に!?

shonen_sunday

荒川弘先生の人気漫画『銀の匙 Silver Spoon』の最新話が、5月23日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)26号に掲載された。同作は作者の家族の療養を理由に2014年頃から不定期連載となっており、最新話は昨年7月以来、約10か月ぶりの復活となった。

2011年に連載がスタートした『銀の匙』は、寮があるという理由で大蝦夷農業高校(エゾノー)に入学した主人公・八軒勇吾が、初めて体験する農業の楽しさや厳しさに直面しながら成長していく青春グラフィティ。最新話では、食品衛生管理者の資格を取得するため、大蝦夷畜産大学の入学を目指す八軒が、受験に向けて奮闘する姿が描かれる。

読者からは「おー!銀の匙連載再開してた」「あー久々の銀の匙よかったわー」「銀の匙再開嬉しいわ」といった喜びの声の他、「八軒くん、なんで受験してるんだっけ?」「なんで八軒が受験しなきゃいけなくなったのか忘れた…」などと10か月のブランクに困惑する人も。

最近では、5月9日発売の24号から連載をスタートした、『名探偵コナン』の人気キャラクター・安室透を主人公に描くスピンオフ作品『ゼロの日常(ティータイム)』が話題を呼んでいる『少年サンデー』。「安室さん目当てでサンデー買ってるけど銀の匙も読めて得した気分」「銀の匙見たいからサンデー買ったけどコナンスピンオフの安室さんも中々ヤバかったです」「安室さんと銀の匙効果で、売り切れの予感が…」といった相乗効果を生んでいる模様だ。

『銀の匙』は5月30日発売の同誌27号でも掲載を予定している。


よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。