体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Live Musical『SHOW BY ROCK!!』アマテラストの設定も告白!アダム役・KIMERU&イヴ役・吉岡 佑インタビュー

250万ダウンロードを誇るサンリオゲーム『SHOW BY ROCK!!』が2017年に5周年を迎え、昨年より大きな展開を続けるLive Musical「SHOW BY ROCK!!」(通称、しょばみゅ)。

2017年5月にはライヴシーンをメインとしたフェスを開催、10月に第2弾となるミュージカル公演を行いました。そして今年2018年もフェスとLive Musical公演が再び! 6月にはZepp DiverCity(TOKYO)で『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~』を開催します。

昨年のミュージカル公演に初登場し大反響となったのが、アダムとイヴの2人組ユニット・défendu aube(デファンデュオーブ)。アダムとイヴはシュウ☆ゾーとロムが過去に組んでいたバンド・アマテラストの元メンバーでもあります。

今回は、アダム役・KIMERUさんとイヴ役・吉岡 佑さんにインタビュー。

写真撮影の際に、「仲の良い感じで」とリクエストすると、「えー、仲良くないし」(KIMERUさん)、「絶対言うと思った!!」(吉岡さん)といった和やかなやり取りを繰り広げる2人。インタビューも部屋の外にまで笑い声が漏れるほど終始大盛り上がり!

それぞれの役作りについてはもちろん、アマテラストがアフターライヴをしたビギエンデーの裏話などお話を伺ってきました!

病んだアダムに「あんな捨てられ方したらそうなる!」

――KIMERUさんは昨年5月のフェスに出演されていましたが、吉岡さんは10月のミュージカルが初参加でしたよね。そして、お二人とも原作にはまだあまり登場していないキャラクターということで……。

KIMERU:2.5次元作品なのに、参考にするものがないことって、なかなかない!

――珍しいですよね。役作りはどのようにされたのでしょう?

KIMERU:僕はフェスから参加しましたが、その段階でまず、偽っている方の「エムシ」というキャラクターから演じることになって。偽る前の元の姿が、まだ明確なキャラクターとして出てきていないのに、偽るために変身しているキャラから来ちゃったから「えーっ!」となりました。でも、バレないように変身しているという設定なので、ある程度作り込んでもいいかなと思って。台本を読んだら結構ダークな感じだったので、MCである「エムシ」というキャラをふまえて、エレガントな感じも出すことを考えました。

最初の台本では、セリフが英語とフランス語が混ざっていたんです。「Ladies and gentlemen!」など英語も多かったんですけど、統一した方がいいってなったときに、僕の演じた雰囲気を見て「フランス語の方がいいんじゃないですか?」と演出家の方に言われて、そこからフランス語を話すアダムが少しずつ生まれていきました。

――ビジュアル撮影の際に受けた指示などあったのでしょうか?

KIMERU:最初のビジュアル撮影のときは、なんかキレやすいキャラです、という情報だけもらい、まだ10月のミュージカルの台本はなかったんですけど、いざ蓋を開けてみたらめっちゃ出番があって(笑)。

吉岡:それはいいじゃん(笑)。

KIMERU:いいんだけど、どんなキャラクターかもよくわからないのにたくさんシーンがあるし、この間やった「エムシ」も出てくるんだ、とか思いつつ過去にも飛ぶし……、喜怒哀楽が激しい役でした。

1 2 3 4 5次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy