体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「勇気がわいた」「普通は黙って去っていく」 退職届を出して「引き止めてもらえるようにならないと何処でもやっていけない」と嫌味を言われた後に放った一言にさまざまな反応

taishoku_01

労働基準法では、会社が引き止めようとしても退職の意思を固めていれば拘束することはできず、2週間前までに退職届を出せばよいとされていますが、就業規則によって定められている場合もあり、少なくとも退職希望日の2ヶ月前には申し出るのが無難といわれています。とはいえ、正しい手続きをしても会社側から嫌味を言われたりするケースもあるのではないでしょうか。

ある『Twitter』ユーザーが退職届を出した時のエピソードをツイート。さまざまな意見が飛び交っていました。


「俺たちは悪くない、悪いのはお前だけ!」「パワハラはしょっちゅう」という社風だったというツイート主。部長に言い返したことに対して「GJ」「勇気がわいた」という声が多数あったほか、別のユーザーは次のようにツイート。


ほんそれ
辞めてく新人を「今の子たちは何考えてるかわかんない」「根性ない。どこ行っても一緒」って言う人いるけどこの会社にいようと思わせることができない会社にも問題があるのでは?と

ほかのユーザーからも、退職を巡った話が。


私も辞めるときにそんな嫌みを言われましたね…
引き留められないと、とは言われませんでしたが、
これで辞めてたら一生やってけないぞって言われました
そんなことゆうなら社員を守るようにしてくれよ…と思いますね(他の上司から毎日嫌味を言われ続けて嫌になった)

「私はそこまで言えなかった」「普通は黙って去っていく」という声があった一方で、「引き止められなかったのは会社から必要とされていなかったということ」といった意見も見られた退職を巡るエピソード。いずれにしても、社風が耐えられないという時には強い気持ちで退職するというのが大事なのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2012/09/26-370389.php?category=406 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。