体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョルダン『乗換案内』で“6月6日6時6分”と入力してはいけない[ホラー通信]

乗換案内サービスを提供するジョルダンの『乗換案内アプリ』および『乗換案内サイト』で、出発地や到着地を空欄にしたまま、日時を「6月6日6時6分」に設定して検索すると恐ろしいことが起こるようだ……。筆者は怖いのが苦手なのでね、決してオススメはしませんけれど、どうしても「見たい!」という方のためにリンクを置いておきますよ……。

ジョルダン『乗換案内サイト』:https://www.jorudan.co.jp/norikae/
※見るならスマホ推奨

こちら、特別なページではなくいつものジョルダンの『乗換案内サイト』である。
しかし先述の条件で入力すると、設定していないはずの出発地・到着地が勝手に入力され、不穏な検索結果が…………ギャーーーーッ ウワーーーーーーーーッ

おっと失敬、取り乱した。
この呪い……いやコンテンツは、『世にも奇妙な物語’18春の特別編』の放送を記念したスペシャルコンテンツ。今回放送されるショートショート『城後波駅』にちなんだもので、実在しない駅“城後波駅(しろごなみえき)”に連れて行かれてしまうという恐怖体験を再現している。しかし最後には怖いだけではない意外な結末が……? 公開は期間限定のため、勇気のある皆様はお早めに体験あそばせ。

<概要>
スペシャルコンテンツ『6月6日6時6分』
乗換案内サイト:https://www.jorudan.co.jp/norikae/
公開期間:5月9日(水)午前9時~5月23日(水) 午後5時
制作協力:面白法人カヤック

『世にも奇妙な物語’18春の特別編』
フジテレビ系列にて5月12日(土)21時~23時10分放送
公式ページ:https://thetv.jp/program/0000940986/

『城後波駅』ストーリー
 レギュラー番組を卒業して慰安旅行に出かけたガチャピンとムック。ところが、その道中でぱったりと姿を消してしまいます。二人を探し出すドキュメンタリーを撮りたいと考えたディレクターの岸本(岡田 義徳)は、元番組担当プロデューサー・武田(有馬 自由)に失踪した二人の状況を聞き出し、二人が送ってきた最後の動画を見せてもらうことに…。その動画でとある都市伝説について話していたガチャピンとムック。それは、“乗換案内アプリ”で駅名を“空欄”にしたまま“6月6日6時6分”という時刻を設定して検索すると“城後波駅”に連れて行かれ、二度と戻ってこられなくなるという噂で…。岸本は二人を探し出すべくさっそく失踪現場へと向かいますが…。

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。