体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デッドプールが“グレショー”をディスりまくり!?「新作映画を日本だけミュージカルに変更した」

%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bc_%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

マーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る”デッドプール”がカムバック! 6月1日の公開を前に、デップーが同じくマーベルヒーローの爪男(!)主演の『グレイテスト・ショーマン』に対抗意識!

現在日本で、前作『デッドプール』を上回る興行収入50億円超えの大ヒットを記録している『グレイテスト・ショーマン』に”殺したいほどジェラシー”を感じているデッドプールの特別動画をご覧ください。

【動画】デップーが“グレショー”をディスりまくり?! 「新作映画を日本だけミュージカルに変更した」
https://www.youtube.com/watch?v=6vOfTD0_e7Y [リンク]

到着した映像は、「日本のみんな、ヒュー・ジャックマンのミュージカルが大人気らしいな。『デッドプール』より大ヒットかよ……殺したいほどジェラシーだ」と『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にも出演した過去を持ち、都合よく”X-MENファミリー”と名乗ったりもする俺ちゃんが、これまでにも何度もイジってきたウルヴァリンではなく、今度は、ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンを餌食にして、のっけからディスりまくり!

そんな”激ツヨな爪野郎”ジャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』の大ヒットに嫉妬した俺ちゃんは、なんと「新作映画を日本だけミュージカルに変更した」と”便乗商法”(?)をした上に、ちゃっかりと前売り券の発売を促進して満足気。さらには、”評論家も絶賛”とあのジャックマン演じるバーナムが地上最高のショーを繰り広げた会場と思われる場所で自画自賛!

前作に引き続き脚本と製作総指揮を務めたレット・リースは、「ライアン・レイノルズは、コメディの天才だ。彼は、シリーズに関連するあらゆるものを笑いものにする」と明かしているようにいつも、ウルヴァリンを演じたジャックマンは格好のネタ。

リース同様に脚本家と製作総指揮を兼任するポール・ワーニックは、「若者がスパイダーマンに共感するのは、ダサい青年がマスクを付けて素晴らしいスーパーヒーローになるからだ。人が、デッドプールに親しみを感じるのは、彼が厳しい人生を送りながらも、なんとか乗り越え、笑い飛ばし、最後には打ち勝るからだ。『デッドプール』はコメディとして知られているが、本物のハートを持った作品だ」とただのおふざけだけでなく、感情に訴えるものがあると語っています。

残念ながら、ここ日本はもちろん世界中どこでもミュージカルとしては公開されない本作ですが、ワーニックの言葉を裏付けるように『グレイテスト・ショーマン』で世界中の人々の応援歌となった「This Is Me」に込められた”ありのままの自分で生きよう”というメッセージに勝るとも劣らない感動のメッセージが込められ、”激ツヨな爪野郎”の作品に負けないヒットになる可能性も!? 益々公開に期待が高まります。

デッドプール2
http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。