体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すぐにでも揚げたくなる! から揚げばっかり94レシピ【レシピつき】

『愛しのから揚げレシピ94』の著者である今井 亮さん。撮影:Rの広報ガール

みんなが大好きな「から揚げ」を楽しみ尽くす、1冊丸ごとから揚げだらけのレシピ集『愛しのから揚げレシピ94』(立東舎刊)の著者・今井 亮さん。揚げ物をこよなく愛する担当編集Wに、から揚げ愛について、本について、熱く語っていただきました。

特別な日にはお母さんのから揚げ! ビール飲むときは絶対から揚げ!

撮影:鈴木泰介(本書より)

編集W から揚げは老若男女、日本人はもちろん外国の方からも「KARAAGE」として人気があります。もはや日本のソウルフードといっていいくらいですよね。

今井 「特別な日にはお母さんのから揚げ!」「お弁当に入っているとワクワクする」「ビール飲むときは絶対から揚げ」とか、から揚げにまつわる思い出やエピソードって皆さんあるんじゃないでしょうか。僕も子どものころ、から揚げの日はいつも母親が揚げているそばからつまみ食いをして、怒られていた思い出があります(笑)。おうちで作る、揚げたてのから揚げは特に最高ですよね。

撮影:Rの広報ガール

編集W そういえば、今井さんの作るから揚げの“衣”は卵入りですよね? 私の実家では、卵なしの衣がスタンダードだったので、今井さんのから揚げが美味しいなぁって。

今井 僕の実家は、卵入りの衣でしたね。卵を入れるとお肉に水分を閉じ込めた状態にできるので、ふっくらジューシーに仕上がるんです。冷めてもしっとりとして美味しいので、お弁当でも美味しくいただけますよ。それに卵入りだと、卵なしに比べて焦げにくく扱いやすい、というのもあります。

今井流☆から揚げを美味しくするポイント3!

撮影:Rの広報ガール

編集W 今井さん流の「から揚げが絶対美味しくなるポイント」を3つ教えてください。

今井 ①調味料を肉に吸わせるようにしっかりもむ。 ②お肉を揚げ油に入れたら絶対に触らない! 衣でコーティングされているお肉にすぐ触ると、衣が剥がれて高熱の油が入ってしまい、お肉が固くなってしまうんです。なので触るのは我慢! ③火加減を途中で中火から強火に調整し、二度揚げ風にする。 お肉の水分は閉じ込め、衣の水分はしっかり飛ばす、という意味です。

子どもも大人も大好き! から揚げをホームパーティの主役に!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。