体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ONE PIECE』は連載会議で3回落ちていたことが判明 『少年ジャンプ』伝説の編集者は連載に懐疑的だった!?

jump_33

『週刊少年ジャンプ』1997年34号より連載を開始し、2017年で20周年を迎えた人気漫画『ONE PIECE』(作者:尾田栄一郎)。「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」(2014年12月末現在)として、ギネス世界記録に認定されたメガヒット作だが、その船出は必ずしも順風満帆でなかったようだ。

3月24日放送のTBSラジオ『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』(土曜日24:30~25:00)に『ONE PIECE』初代担当編集・浅田貴典氏が出演。『ONE PIECE』が『ジャンプ』の連載会議で3度にわたってボツとなっていたことを明かした。

連載会議で3度ボツに

『ジャンプ』ゆかりのゲストを迎え、MCのサンドウィッチマンがここでしか聞くことのできないエピソードを掘り下げる同番組。

「たぶん情報が出てることは出てると思うんですけど、中身とか言っていいのかな」と前置きした浅田氏は、『ONE PIECE』が「連載会議で3回落ちて、悔しいやら、苦しいやら、憎いやら……でした」と告白。

最初は読み切りをベースにした主人公ルフィの股旅ものだったが、最終的にはルフィの旅立ちのエピソードに軌道修正して連載を獲得したという。「最後のネームが確かに一番面白くなっていたので、それはそれで良かったと思いますけど」と述べつつも、「(当時の会議出席者を)全員殴り倒す夢を見た」ほど悔しかったと語った。

伝説の元・編集長が「ギャフン」

連載会議で『ONE PIECE』に「懐疑的だった」立場のひとりが、当時『ジャンプ』編集部に在籍していた鳥嶋和彦氏。『DRAGON BALL』の作者である鳥山明先生の才能を見出し、『Dr.スランプ』に登場するDr.マシリトのモデルとしても知られる伝説の元・編集長だ。

連載が始まった頃に鳥嶋氏と挨拶した尾田先生は、「もしこれが売れたら、鳥嶋さん、ギャフンと言ってください」と伝えたという。鳥嶋氏はその後の新年会で再会した尾田先生に向かって、実際に「ギャフン!」と言ったという漫画のようなエピソードも明かされた。

『TBSラジオクラウド』では、放送でカットされたエピソードも収録された完全版を配信中:
https://radiocloud.jp/

※トップ画像は『週刊少年ジャンプ』2017年33号(『ONE PIECE』連載20周年記念号)表紙

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。