体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パナソニック、デザインを刷新した新生「P100」を発売

今でもアジア圏でスマートフォンを展開しているパナソニックがインドで同社の代表的な P シリーズの新モデル「Panasonic P100」を発売しました。
P100 は現地で 5,999 ルピー(約 9,600 円)という非常に安価な機種なのですが、ディスプレイ周りを丸く加工するなどデザインを従来から刷新しており価格に見合わずオシャレな外観で、まるで新シリーズが登場したような変化が見られます。
ディスプレイは 5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶で、プロセッサには MediaTek MT6737 1.25GHz クアッドコアを採用しています。
メモリは 2GB RAM + 16GB ROM で、背面には 800 万画素カメラ、前面には 500 万画素カメラを搭載しており、前面にも LED フラッシュが付いています。
自撮りユーザーに配慮したカメラ設計です。
バッテリー容量は 2,200mAh とあまり大きくはありませんが、パナソニックは P100 に「Duraspeed」と呼ばれるバックグラウンドアプリのバッテリーと通信量を節約する新機能を導入しており、特にスタンバイ中のバッテリー駆動時間を大幅に向上させたとしています。
P100 は Android 7.0 Nougat を搭載しており、VoLTE やデュアル SIM・デュアルスタンバイにも対応しています。
Source : India Times

■関連記事
XperiaのTheme Creatorがバージョンアップでビデオをサポート、スクリーンショットや動画キャプチャーも作成可能に
DJI Telloを操縦するためのアプリ「Tello」がリリース
Sony、5秒で起動し携帯性に優れたモバイルプロジェクター「MP-CD1」を国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。