体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここがスゴいよロック様:ドウェイン・ジョンソンの偉大な功績を大紹介! 4月には自身No.1ヒット作が日本公開

ジュマンジ

映画の街・ハリウッドの大通りに、俳優・著名人の名前が星型のプレートに刻まれる「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」。ここに名前が刻まれることは本当のスターだけが認められるという“ハリウッド殿堂入り”と言うべき名誉です。

現地時間の2017年12月13日に記念セレモニーが開催され、映画『ワイルド・スピード』シリーズ等で活躍するドウェイン・ジョンソンの名前が追加となりました! この殿堂入りの背景となったのは、「WWEの大人気プロレスラーから俳優へと華麗なる転身」「精力的に慈善活動を行うなど多岐に渡る活躍」などが評価された結果。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンのことを「カッコイイけどよく知らない!」という人むけに、彼の何がすごいのかまとめてみました。

■米経済誌フォーブス2016年度版の、「世界で最も稼ぐ俳優」部門で1位を獲得
約6,450万ドル(約73.2億円)を稼ぎ出した。なお2017年版は2位だったが、約6,500万ドル(約73.8億円)を稼いでおり、前年を僅かに上回っている。

■米雑誌ピープル誌選定の、「最もセクシーな男性」部門で1位を獲得!(16年度)

■ソーシャル・メディアおよびYouTubeチャンネルのフォロワー数の合計が、約1億7500万フォロワー超え!(2017年12月時点)

■ハリウッド・レポーターの「ソーシャル・メディアで影響力のある俳優ランキング」では9週連続1位に輝き、インフルエンサーぶりが際立っている(2018年2月7日に1位に返り咲き)

■映画『カリフォルニア・ダウン』のイギリスプレミアに詰めかけたファンと共に、3分間で105枚のセルフィーを撮影!当時のギネス記録を更新(2015年5月に樹立)

■自らの身体の鍛錬を通して世界中の子供たちを教育、奨励することを目的とした「ザ・ロック基金」を設立。病気や苦難に直面する子どもたちの支援活動を行っている。またガンを患うファンに向けて、Instagramで直接エールを贈る等、慈善活動家としても活躍!

■娘がゼンデイヤに似すぎ!
『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンにふんするトムの同級生ミシェル役を演じ、世界的人気歌手ブルーノ・マーズの「ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア」のMVに出演するなど人気若手女優ゼンデイヤに次女のジャスミンちゃんが似すぎだと世間を騒がせている!


1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。