体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイクルトレイン「B.B.BASE」に愛車と一緒に乗車。房総半島を自転車で走る!

サイクルトレイン「B.B.BASE」に愛車と一緒に乗車。房総半島を自転車で走る!

愛車と一緒に乗車して自転車旅ができる電車。
そんな夢のような電車が……あるんです!

サイクリストの皆さま、お待たせしました!
2018年1月6日より、JR両国駅と房総半島を結ぶサイクルトレイン「B.B.BASE」が運行を開始しました。
「B.B.BASE」は、「房総半島(Boso)を、自転車(Bicycle)で、駆け巡るための基地(BASE)」をコンセプトに作られた、サイクリストのための特別列車です。
「内房」「外房」「佐原」「銚子」の4つのコースが設定され、毎週末、週替わりで運行します。

今回は、そんな夢の電車「B.B.BASE」に体験乗車してきました!

愛車と一緒に乗り込んで出発進行!

両国駅

出発地点の両国駅ホーム

旅の始まりは両国駅から。今回は館山駅まで乗車します。
「B.B.BASE」は、自転車と一緒に車両に乗り込むことができるため、最初から最後まで自転車を解体する必要がありません。

ロードバイクは自転車としては軽いものの、10kg近い重さです。自転車が入った輪行袋を担いでホームをうろうろするのって、意外と体力がいるんですよね~。
しかーし、この「B.B.BASE」なら、愛車を押してそのままホームに直行して乗車することができます。
普段なら決してできない非日常体験に、乗り込む前からいやが上にもテンションが高まります!

 B.B.BASE車両側面 車両側面にはロードバイクのイラストが施されています B.B.BASE 車両側面

愛車とともにいざ乗車!

超簡単3ステップで搭載完了!特製サイクルラック

サイクルトレインに乗り込んだら、さっそくサイクルラックに自転車を搭載します。
この縦置きサイクルラックは、「B.B.BASE」のために特別に開発されたそう。
 B.B.BASEサイクルラック

近未来っぽいサイクルラックがカッコいい

搭載方法は3ステップ。
①フックを引きガイドフレームを手前に出す
②前輪をガイドフレームに乗せる
③フレームをベルトで固定する
以上!
驚くほど簡単で、搭載完了まで1分かかりません。身長155cmの私でも、ひとりで搭載することができました。

B.B.BASE サイクルラック ガイドフレーム フックを持ってガイドフレームを引き出します B.B.BAS E サイクルラック ガイドフレーム 車体を持ち上げたら前輪をガイドフレームに乗せます B.B.BASE サイクルラック ベルト固定

ベルトをカチッとはめたら搭載完了

しかも、抜群の安定感なのです! ロードバイクは揺れや衝撃にあまり強くないため、搭載にとても気を使う乗り物ですが、このサイクルラックは、簡単に搭載できるのにガッチリ固定され、電車の揺れにも非常に強い安全設計! 簡単&安全の最強コンボ! これ、我が家にも1台欲しい!
B.B.BASEサイクルラックと座席

自分のシートの真後ろに自転車を搭載できます

サイクリストのための工夫満載の車内

座席はテーブルを挟んで向かい合わせになっています。通常のボックスシートと比べて、縦横約1.2倍の幅広設計なため、ゆったり伸び伸びくつろげます。
テーブルにはコンセントも付いており、スマートフォンや自転車ライトの充電などにも活用できそう。
 B.B.BASE座席

テーブルはうれしいコンセント付きです

そして、もうひとつうれしいのがゴム素材の床です。
自転車専用のビンディングシューズは、底面が出っ張っており、とても滑りやすいんですよね。コンビニの床で何度転びそうになったことか……。
車両の床は、すべてでこぼこのあるゴム素材で覆われているため、安心して車内を歩き回ることができます。
 B.B.BASE ゴム素材の床

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。