体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラコスで済ますのはまだまだ甘い!? 本当の「限界化粧品」ツイートに共感多数

2017年の年の瀬から2018年の年初にかけて『Twitter』では「喪女オタク女の限界化粧品オススメ」が話題になっていました。それから派生して、あまり化粧品にお金をかけたくないドラックストアコスメを紹介するツイートが多く流れています。


真・マジの極限までお金使いたくない20↑女子に捧げるコスメはこっち。ドラッグストアか駅に入ってるPLAZAで買えるものだけで構成された私の仕事(どうでもいい日)用

ハッシュタグ「#ベストコスメ2017」が派生してほかのユーザーからもおすすめの化粧品が紹介されているので、気になる人はチェックしてもらうとして、「みんな何だかんだお金かけている」といった声もありました。

そんな中、ある『Twitter』ユーザーが次のようにツイート。


限界化粧品のRT見るたびに 本当の限界ってこんなもんだぜと思う

ちふれの化粧水は「500円しかもってなかったときに500円で売っていたから買った」という消極的な理由。ファンデーションはつめかえ用で「どこの何かはわからない」、アイライナーと口紅は「お母さんの引き出しから借りました」という徹底ぶり!

これに対して「そう、これが限界なんだよ!」「笑うけどこれが一番近い」「ガチでこんなもん」といった反応が集まっていました。

ただ、「使った人みんないいと言っています」という下地のニベアだけには、次のような注意ツイートが。


しかしニベアは油分が多いので下地にするなら日焼け止め必須というか。日焼けしに行くようなもんだから使う時は気をつけろという意見もあるよ……

ほかにも「眉毛はB4の鉛筆で描いている」といったものから「唇を歯で擦ったら血色よくなる」という体を張る系まで、さまざまな“限界化粧品”の例が寄せられていました。「私はまだ限界じゃなかった」と悟るユーザーも現れるほど削れるところは削っている人も中にはいるということが示されたともいえそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/0taku0/status/948515205922807808 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。