体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高橋健介――ガジェット男子 特集:舞台『GANTZ:L』加藤勝

dsc_0267

拡散する写真集「GetNews girl(ガジェット女子)」のメンズ企画「GetNews boy(ガジェット男子)」に、1月26日より上演となる舞台『GANTZ:L』の加藤勝役を演じる高橋健介さんが登場。

dsc_0235 dsc_0256

高橋さん自身も意外だったという今回の配役。「自分の中では、玄野か西寄りかな、と思っていたんですけど、加藤のお話をいただいて、今のままではまずいなと思っています。とりあえず鍛えなきゃなと。一回り(身体を)大きくしないといけないなと思っています」と高橋さん。

dsc_0276 dsc_0279 dsc_0252

「僕は苦手なんですよ、グロイの。だから漫画もちょっと顔を横にそむけて、少し目をそらしながら読んでるんです。個人的には、グロい作品とかを好きっていう人の感覚がもうすごいと思える。なんで好きなんだろ?って、僕からしたら信じられない。そういう人は、それこそ本当に『GANTZ』の世界に行きたい人じゃないのかな? みんな西くんなんじゃないかな? と思ってます」

dsc_0264 dsc_0258

『ウルトラマンX』では主演を務めた高橋さん。「『GANTZ』の異星人は基本、敵意むき出しなので(笑)。だから、自分がどこまで加藤みたいにお人好しになれるかだと思いますね」

dsc_0249 dsc_0254

世の中、ずる賢いやつの方が生き抜けるイメージがあるので、加藤はみんなに好かれるけど、損するイメージがなんとなくありますね。損する方を自ら選んでしまう、自己犠牲が強い人だと思います。僕だったら、たぶん自分の身の周りの人を殺したやつは許せないと思うけど、加藤はもしかしたら許せるのかもしれないな、みたいな印象はもっています。

明日は西丈一郎役の佐藤永典さんが登場です!

インタビュー記事はコチラ↓
撮り下ろしインタビュー:舞台版『GANTZ』加藤優役・高橋健介「自分にとってまた新しい異星人のジャンル」
http://otajo.jp/70801[リンク]

[撮影:周二郎]

【作品名】「GANTZ:L」-ACT&ACTION STAGE-
【公演期間】2018/1/26(金)~2/4(日) 全12公演
【劇場】天王洲 銀河劇場
【原作】奥浩哉「GANTZ」(集英社刊)
【演出・脚本】鈴木勝秀
【アクション】清水順二(30-DELUX)

公式HP
http://www.gantz-l-stage.com

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:L」製作委員会

関連記事:
高橋健介――ガジェット男子「特集:Live Musical『SHOW BY ROCK!!』忍迅雷音Week」
http://getnews.jp/archives/1928685[リンク]

【撮り下ろし】Live Musical『SHOW BY ROCK!!』観客のみんなを“シュラライザー”に! 忍迅雷音キャストインタビュー
http://otajo.jp/70004[リンク]

DVDには全景映像収録!Live Musical「SHOW BY ROCK!!」さらにパワーアップして開幕!【動画アリ】※忍迅雷音出演公演
http://otajo.jp/70254[リンク]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。