ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミニストップが全店舗で成人誌の取扱を中止へ →空白地の県民は我関せずで「全国展開じゃなかったの?」の声も

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ministop

コンビニチェーンのミニストップが、国内の全店にて成人誌の取り扱い中止を発表。2017年12月1日(金)に千葉市内の店舗にて開始するのを皮切りに、2018年1月1日(月)より全国の店舗でも取り扱いの中止が実施されます。

ミニストップは声明にて「女性にとってもより利便性の高いコンビニエンスストア」を目指していることを説明。かねてより成人誌の陳列対策に取り組んできた千葉市からの働きかけをきっかけとして、国内全店舗で今回の施策を展開する判断に至ったことを明かしました。

この発表に対しては、普段からミニストップを利用する人たちから様々な意見が寄せられる一方、

・ミニストップのない北海道は関係ない
・ミニストップ成人誌取り扱い中止のニュースがトレンドにあったけど山形には関係なかったね
・そもそもミニストップが山梨にない
・高知県にもミニストップお願いします
・ミニストップが成人誌発売中止ってニュースあるけど、鳥取にミニストップは無いからなんの影響もないな
・ミニストップ鹿児島に無いからなぁ
・沖縄にミニストップ来てくれ…

などと、ミニストップの空白地となっている道県では遠い目でこのニュースを眺める人も。2017年10月末現在で2245店を構えるミニストップですが、公式サイトを確認すると、意外にも20の道県に進出していないことが分かります。

「え、ミニストップって全国じゃなかったの?」「島根を擁する中国地方は全滅なのな」「空白地多いの意外だったわ」といった反応も見られている次第です。

※画像はミニストップ公式サイトより引用
https://shop.ministop.co.jp/ms/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。