体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンカー・ジャパンが独自充電技術『PowerIQ 2.0』対応のモバイルバッテリー『Anker PowerCore II』2製品を発売

アンカー・ジャパンが独自充電技術『PowerIQ 2.0』対応のモバイルバッテリー『Anker PowerCore II』2製品を発売

アンカー・ジャパンは11月15日、モバイルバッテリー新製品『Anker PowerCore II 10000』と『Anker PowerCore II 20000』を発売しました。

『PowerCore II』シリーズは、最大18Wまでのデジタル機器を最適な電力で充電できる独自技術『PowerIQ 2.0』に対応するモバイルバッテリー。バッテリー残量を8段階で確認できるLEDゲージを搭載し、滑りにくく握りやすいストライプメッシュ加工を施しているのも、新シリーズの特徴です。

powercore2_2 powercore2_3

『Anker PowerCore II 10000』は、容量10000mAhのモバイルバッテリー。重量は約195g。“Quick Charge”対応の充電器を使えば4時間程度で充電が完了します。入力はPowerIQ 2.0使用時で9V/2A、通常は5V/2A。出力はPowerIQ 2.0使用時で12V/1.5A、通常は5V/3Aもしくは9V/2Aに対応します。価格は3299円(税込み)。

powercore2_4 powercore2_5

『Anker PowerCore II 20000』は、容量20000mAhのモバイルバッテリー。重量は約360g。“Quick Charge”対応充電器を使うと5時間程度で充電が完了します。入力はPowerIQ 2.0使用時で9V/2A、通常は5V/2A。出力ポートは2基。PowerIQ 2.0対応、18Wポートは12V/1.5A、5V/3A、9V/2Aに対応。PowerIQ対応、12Wポートは5V/2.4Aに対応します。価格は4799円(税込み)。

デジタル・IT
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会