ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

秋の楽しみ! 健康と美容に―小豆島で聞いた新漬けオリーブの食べ方3選

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
小豆島の青空とオリーブの実

オリーブ。ワインのつまみかピザのトッピング、というイメージしかないかもしれません。しかし、おつまみやピザのオリーブとは全く味わいの違う、日本の秋にこそ食べられる“新漬けオリーブ”というものがあるものをご存知でしたか?

実は日本国内でも、明治40年(1907年)から始まり、100年以上のあいだオリーブを栽培しているんです。中でも、毎年10月上旬から2か月ほどの間だけ販売される新漬けオリーブは、ナッツのようなコクに、さっぱりと素直な味わい。ポリフェノール・ビタミンE・ベータカロテン・オレイン酸など、健康と美容にうれしい成分がたっぷりです。そんなオリーブを、普段の食卓に取り入れる食べ方について、オリーブ名産地・香川県小豆島で聞いてきました!

オリーブちょい足しその1 朝食のパンに

こんがり焼いたパンに、お塩をぱらり、オリーブオイルをとろり。そこに新漬けオリーブを添えれば、まるで地中海みたいな朝ごはん。バターやマーガリンと違い、バターナイフを洗う必要もなくなりますし、急いでいる時でも、お皿ひとつでヘルシーな朝ごはんになります。あったかいパンから、オリーブの爽やかな香りが立ち、朝にぴったり。アクセントとして、フレッシュな新漬けオリーブがよく合います。

実は、オリーブオイルには、朝のお通じをスムーズにしてくれる効果も。産地の小豆島では、「毎朝、パンにオリーブオイルです!」という声も聞かれました。

さて、香川と言えば……?

オリーブちょい足しその2 ランチのうどんに

そうです。うどんです。パスタにオリーブオイルを絡めるように、釜揚げうどんやざるうどんもオリーブオイルを絡めると、つるつるなめらか、いい香り! もちろん、トッピングに新漬けオリーブがよく合います。

ちなみに香川の特産品には、オリーブオイルを絞った後のオリーブ果実を食べた、「オリーブ牛」というブランド和牛もあります。オリーブの抗酸化作用で、時間が経っても肉が酸化しにくく、自然に長持ち。餌となる炒りオリーブは、カラメルのような良い香りで、もちろん牛肉の風味もアップしています。

写真は残念ながらオリーブ牛ではありませんが、香川には、オリーブ牛+オリーブオイル+新漬けオリーブのオリーブ牛肉うどんを食べられるお店もあります。

提供店舗一覧はこちら:http://www.sanchiku.gr.jp/whats/olive/udon/[リンク]

小豆島のうどん店「すえ宏」では、オリーブをトッピングした手打ち讃岐うどんが食べられます!

すえ宏:http://www.suehiro2015.sakura.ne.jp[リンク]

オリーブちょい足しその3 晩酌の冷奴に

オリーブのコクは、お豆腐にも合うんです。大豆イソフラボンとオリーブのポリフェノールで、体にも嬉しい一品に。新漬けオリーブ+オリーブオイルを基本に、薬味やうまみ食材を足せば、新しいおいしさが広がります。写真左から、塩昆布・三つ葉とオリーブ・たらこチーズです。

ちなみに、オリーブオイル+新漬けオリーブの冷奴は、ぜひ一度、お塩もお醤油もなしで食べてみてほしいと思います! 新漬けオリーブの塩気が、お豆腐の甘みを引き出し、オイルが全体を香りよくまとめて、絶妙な味わいになります。

そのまま食べられる新漬けオリーブやオリーブオイルは、料理をしない人でも、食卓に気軽にプラスできるのがいいところ!

そんな新漬けオリーブ、オリーブが実る10月上旬から約2か月ほど、つまり、秋だけの味わいなんです。

香川は、うどんだけじゃない。オリーブは、おつまみだけじゃない。毎日の食卓に、旬の新漬けオリーブをプラスして、実りの秋を感じてみませんか?

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 牧村 朝子) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。