体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「全録画の安心感」が得られるガラポンTVとは? ユーザーフレンドリーな新モデル『六号機』

%e5%85%ad%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e7%ab%af%e6%9c%ab%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

全録環境の安心感とは?

テレビ番組を全チャンネルを録画し続けてくれる『ガラポンTV』をご存知でしょうか?
見た目は小さな黒い箱、実はこれがあるだけでテレビの観かたが大きく変わる優れモノなのです。

『ガラポンTV』は全テレビ番組をワンセグで録画し続け、8局を最大4か月分(120日間)全自動で連続録画してくれます。
これを聞いても「ん、それがどうしたの? 観たいものを録画すればそれでいいじゃん」と思うでしょう。でも、この全録画環境が意味することって、すごく大きいんです。

テレビって基本的にはその時間にテレビの前に居ないと観られないもの。それが出来ない場合は、録画予約して観たいものを撮り貯めておきます。

%e5%85%ad%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e7%ab%af%e6%9c%ab%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

けれど、最近はTwitterやFacebook、ニュースサイトでテレビの話題がのぼることが頻繁にありますよね。「あのニュースバラエティでゲストがこんな発言をして炎上」だったり、「始まったドラマが思わぬ展開」だったり「生放送でハプニング」なんてのも。

もちろん、「え! こんな番組やってたの?」って後から気づく場合もあるでしょう。

そんな時に番組表から実際に過去の番組にアクセスして、好きなところだけ観ることができるのが“全録”環境の特徴でありメリットなのです。

ノーマークだったアニメが「意外と面白い」と話題になっても初回から観られますし、大人の事情で再放送もディスク収録もされない、あのアニメの「神回」も後から保存しておけるのです。

クラウドサービスやYouTubeの違法アップロードをあてにする必要もなくなり「絶対的な安心感」が得られるのが全録環境というわけなのです。録画の残り容量を気にしながら録画予約する心配もなくなりますよ。

ガラポンTV 4つの特徴

『ガラポンTV』で最初にリリースされたのは2010年に発表された『ガラポンTV初号機』。そこから7年間バージョンアップを重ね続け、2017年10月には最新機種である『ガラポンTV六号機』がリリースされました。

最新モデル発表会の内容を踏まえ、『ガラポンTV』がどのくらい使いやすくなったのか、どんな進化を遂げてきたのかを解説したいと思います。

4%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4

・全番組録画
『ガラポンTV』は地デジ8局を120日間、全番組を録画してくれる全録機です。古い番組から自動削除を行い、常に最新の番組を自動で録画し続けてくれます。ただし、保存したい番組がある場合は「お気に入り登録」して永久保存することも可能です(この部分は従来の録画機と同様ですね)。

・スマホやPCでいつでも視聴可能
更にiPhoeやiPad、Android、Windows、Macなど、あらゆる機器でインターネット経由での視聴も可能です。ワンセグの情報なので3G回線でもOKですし、海外からの視聴もできます。

・充実した検索
番組のタイトルや説明文からの検索はもちろんのこと、番組内のテキスト情報での検索にも対応しています。これによって、取り上げられた内容をピンポイントで探し出すこともできるのです。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。