ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

そのまま食用可能!インドネシアの企業が開発する包装紙「Bioplastics」が地球に優しい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界中から海に流れ出るプラスチックは、毎年1300万トンにも及ぶという。このゴミ問題は、海底のヘドロ化、海洋生物のゴミの誤飲・誤食など、海洋の生態系にも深刻な被害を及ぼしている。

・インドネシア発の社会的企業

この問題を解決するべく、インドネシアに本拠を置く社会的企業「EVOWARE」が開発するのは、環境に無害なその名も「Bioplastics(バイオプラスチック)」だ。パンやサンドイッチ、ハンバーガーなどの包み紙、コーヒーバッグ、調味料用の小袋など、さまざまな用途が想定されている。

バイオ由来のため捨てても環境に影響はないが、この商品の素晴らしいところは、原料は海藻のため、そのまま食べることもできてしまう点。食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、それ自体栄養価の高いものだが、無味無臭のため、メイン料理の味覚に影響は及ぼさないのでその点はご安心を。

・ハラル認証済


ハラル認証済のため、イスラム教徒も問題なく使用できる。品質は、冷暗所に保存しておけば購入後2年間は維持されるとのこと。また、購入者のニーズに応じて、サイズやカラーの変更、企業ロゴのプリントなど、柔軟に対応してくれる。

地球の環境に優しく、インドネシアの良心的な海藻業者をもエンパワーメントする一石二鳥のこの商品。ぜひ自社のブランディングにも取り入れてみてはいかがだろうか。

Bioplastics

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。