体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もうアイロンがけしなくていい?! 「衣類リフレッシュ機」を二子玉川 蔦屋家電で体験してみた

もうアイロンがけしなくていい?! 「ホームクリーニング機」を蔦屋家電で体験してみた

どんなに高価な衣類を着ていても、シワやにおいのついた状態だと台無しだ。とはいえ毎回洋服をクリーニングに出すのもコストが高いし、面倒。そう感じている人にうってつけなのが、衣類をスチームと振動の力でクリーニング並みにキレイにしてくれるライフスタイルクローゼット「LG styler」だ。二子玉川 蔦屋家電でこのマシンを体験できるときいて、さっそく行ってみた。

スーツもセーターも、スチームと振動の力でキレイになる!

「LG styler」は、扉の外にはデジタルタッチパネル、開けるとハンガースペースと棚がある。幅445mm、高さ1850mm、奥行き585mm。一見したところ、スリムな冷蔵庫とロッカーの融合といった趣だ。この中に衣類を入れておくだけで、シワ・におい・ほこり・花粉などをケアすることができるという。その仕組みはどのようなものなのだろうか?二子玉川 蔦屋家電 住コンシェルジュの後藤聖英さんにきいた。【画像1】後藤さんの前職は大手家電量販店。家電販売歴10年以上のベテランだ(写真撮影/蜂谷智子)

【画像1】後藤さんの前職は大手家電量販店。家電販売歴10年以上のベテランだ(写真撮影/蜂谷智子)

「まず、棚の下部にあるスチームタンクに水を入れます。一方からキレイな蒸気を出し、衣類を通って汚れた蒸気が、もう一方にたまる仕組みです。そして衣類に優しい50℃から60℃の蒸気を循環させるとともに、ハンガー部分を1分間に約180回振動させることでほこりや花粉をふるい落とし、シワをのばします」

蒸気でシワをのばすにはスチームアイロンという方法もあるが、高温の蒸気を服にかざすのは手間がかかるし、気も使う。それをマシンが全て肩代わりしてくれるなら、ありがたいものだ。

「しかも『LG styler』はアイロンの代わりにシワをのばすだけでなく、ほこりや花粉などのアレルゲンやにおいを99%以上低減することもできます。これでクリーニングが不要になるわけではありませんが、クリーニングに出す頻度をぐっと減らすことができるマシンです」【画像2】ふたつ並んだ『LG styler』(左側は店頭用デモ機)。扉を開くと最下部に水を入れるタンクがある(写真撮影/蜂谷智子)

【画像2】ふたつ並んだ『LG styler』(左側は店頭用デモ機)。扉を開くと最下部に水を入れるタンクがある(写真撮影/蜂谷智子)

一度に入れることができる衣類はハンガー部分に3着、そしてズボンプレス機に1着、棚部分にセーターなどが1着、合計5着程度だという。

「1回に処理できる衣類は少ないのですが、標準的なコースなら約48分で仕上がりますし、ボタンひとつで手間も要りません。また1回のコースは電気代約13円と低コストです。今日着た服、またこれから着たい服をその都度ケアするマシンだと考えていただきたいですね」

加えて、衣類の仕上がり別に、標準的な “リフレッシュコース”、熱による除菌をプラスした“除菌プラスコース”、シルクや革などの素材もケアできる“上質乾燥コース”、センタープレスをしっかり入れるための“ズボン折り目ケア” の機能がある。

高価だが、開発国の韓国では、すでに生活必需品

シルクや革までケアできるとは驚きだが、日本での販売価格は22万8000円(税別)と高価だ。しかし高機能洗濯機の定価が30万円を超える時代だと考えれば、驚くほどの価格ではないのかもしれない。

「お買い求めになるお客様は、『こういうマシンを待ち望んでいた!』という方が多いので、あまり価格を問題にする方はいないですね」【画像3】扉を開いた状態の『LG styler』韓国ではすでに一般の家庭にも普及(画像提供/二子玉川 蔦屋家電)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。