ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フォルクスワーゲン“デジタル化”の波がゴルフにも(試乗レポート)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲欧州Cセグメントのグローバルスタンダード、ゴルフがマイナーチェンジ。デジタルインターフェイスや、自動運転を見据えた運転支援システムの充実が図られている。ちなみにスポーツモデルはエンジン出力を向上、GTIは+10ps、Rは+30psアップした

▲欧州Cセグメントのグローバルスタンダード、ゴルフがマイナーチェンジ。デジタルインターフェイスや、自動運転を見据えた運転支援システムの充実が図られている。ちなみにスポーツモデルはエンジン出力を向上、GTIは+10ps、Rは+30psアップした

今なお、Cセグメントのベンチマーク

シートの隅にぎゅっと尻をねじこみ、握りやすい形状のステアリングに手を伸ばす。アクセルを軽く踏み込むと、まるで抵抗がないかのようにスッと走り出した。この瞬間に、ああゴルフだなと思う。

7代目のゴルフが登場から約4年を経てマイナーチェンジをした。外観のポイントは前後バンパーの形状変更などだがそれほど大きな変化はない。

VWがこのタイミングで推しているのが“デジタリゼーション”だ。メーターは12.3インチ大型液晶ディスプレイを採用。オプションの純正ナビ(Discover Pro)はモニターサイズを9.2インチに拡大しVW初のジェスチャーコントロール機能を搭載。メニュー画面の切り替えやラジオの選局などが行える。また専用のスマートフォンアプリと連携して目的地検索なども可能だが、正直に言えばあまり使いやすいものではない。この種のものはとにかく世に出してみて、あとで改善すればいいという欧米的合理主義の証左だと捉えれば、まあそういうものかなという気もするが。

当初から搭載していた安全装備も進化した。レーンキープ+ ACCをベースにした渋滞時支援システム「トラフィックアシスト」を装備するのはうれしいポイントだ。

今回はメカニズムについての変更点は発表されていないのだが、過不足ないパワー、スムーズな乗り心地など、より洗練度が高まったように感じる。4年が経過した今も走行性能に関しては、Cセグメントのベンチマークという存在であることは揺るがない。

▲渋滞時追従支援システム(トラフィックアシスト)をコンパクトシリーズとしては初めて採用。プリクラッシュブレーキシステムには歩行者検知機能が加わった

▲渋滞時追従支援システム(トラフィックアシスト)をコンパクトシリーズとしては初めて採用。プリクラッシュブレーキシステムには歩行者検知機能が加わった

▲メーター類をグラフィックで表示する12.3インチディスプレイを採用、メーターは好みに合わせて数種類から選択可能に

▲メーター類をグラフィックで表示する12.3インチディスプレイを採用、メーターは好みに合わせて数種類から選択可能に

▲前後バンパーのデザインを変更、ヘッドライトもよりシャープに。テールランプはLEDに変更され、ブランド初のウインカーが流れるように点灯するダイナミックターンインジケーターを備えた

▲前後バンパーのデザインを変更、ヘッドライトもよりシャープに。テールランプはLEDに変更され、ブランド初のウインカーが流れるように点灯するダイナミックターンインジケーターを備えた

【SPECIFICATIONS】

■グレード:TSI Highline ■乗車定員:5名

■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1394cc

■最高出力:140/4500-6000[ps/rpm]

■最大トルク:250/1500-3500[N・m/rpm]

■駆動方式:FF ■トランスミッション:7DCT

■全長x全幅x全高:4265x1800x1480(mm) ■ホイールベース:2635mm

■車両価格:325.9万円

【関連リンク】

フォルクスワーゲン ゴルフ(現行型)のカタログはこちらフォルクスワーゲン ゴルフ(現行型)の中古車はこちら ※今回のマイナーチェンジモデルに限定したリンクではありません。ご了承くださいtext/藤野太一

photo/篠原晃一

関連記事リンク(外部サイト)

フォルクスワーゲン ゴルフ(現行型)のカタログはこちら
フォルクスワーゲン ゴルフ(現行型)の中古車はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。