体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「殿方を振り回すなんてけしからんですわ!」下心ミエミエ……養父の呆れた恋愛バラエティ計画! 晴れ着選びの一騒動で早くもお正月に漂う暗雲 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

まるで密会?ドキドキの親子初対面

その年の10月、姫はようやく六条院へ引っ越しました。決定から約1ヶ月、右近の監督のもとでの女房採用から研修、田舎臭さをなくすコーディネートなどが実施されて、ようやくの引っ越しです。

引っ越しの夜、早速源氏がやってきました。「この戸口から入るのはなんだかワクワクするね。それにしても灯が暗すぎる。もっと明るくして。これじゃ恋人の密会みたいじゃないか」。一人で勝手に盛り上がる源氏パパ。

姫も光源氏の名前を遠く九州で聞いたことはありました。でも、まさかその人が自分の養父になり、こうして対面する日が来ようとは。ちらっと見ただけでも空恐ろしいような源氏の美貌に圧倒されて、小さくなって座っています。

「親の顔は見たいものだと聞くけれど、あなたは私の顔を見たくありませんか?」源氏は几帳を押しやり、姫の方に近づきます。恥ずかしがって小さくなっている姫を見て、源氏は好感を持ちました。

さらに明るくするよう促し、顔がはっきり見える位になると、姫の目元は本当に夕顔によく似ているのがわかります。源氏は恥ずかしがる姫に、実父のように話しかけました。

「あなたをずっと探していたよ。まだ夢の中にいるようだ。本当に大変だったね。辛かったね」。姫の受け答えは適確で、物の言い方は夕顔を彷彿とさせます。源氏は夕顔を思い出してグッと来ながら、体面に満足して帰っていきました。

すでに下心ミエミエ…養父の呆れた恋愛バラエティ計画

源氏はちょっと興奮気味に「田舎に長年住んでいたから、かなりアレだろうと勝手に思っていたが、なかなかどうして、こちらが恥ずかしくなるほど立派な姫だったよ。この機会に美しい年頃の姫がいることを宣伝して、兵部卿宮(もとの帥の宮。源氏の弟宮で恋愛体質の風流男)あたりをヤキモキさせてみたいねぇ。美人がいると聞いてあれこれ気をもむ貴公子たちを見て楽しもうじゃないか」。

何やら恋愛バラエティのような発想は、紫の上には不評。「おかしなお父様だこと。娘を使って殿方を振り回すなんて、けしからんですわ(原文も表現は”けしからず”)」。あなた何言ってるの、呆れたわ!ってところでしょうね。ごもっともです。

源氏はちっとも懲りずに「本当に、あなたの時に同じようにやっておけばよかった。あの時は若すぎて失敗したなぁ」。紫の上はそれを聞いて顔を赤くしています。紫の上の時にやり損ねたことを姫にしてみたいが、もっと言えば本当は紫の上にしたことを、この姫にもしてみたい。すでに下心がミエミエです。

この会話の後に源氏が詠んだ「恋ひわたる身はそれなれど玉鬘(たまかづら) いかなる筋を尋ね来つらむ」。玉鬘とは美しい髪を指す言葉ですが、髪は自分の意思とは関係なく伸びていくので”どうしようもないこと””運命”の意も。

亡き恋人の形見の姫は、どういう運命でここへたどり着いたのか。ここからこの姫は『玉鬘』と呼ばれていきます。

波乱万丈の苦労が報われ、一流セレブの仲間入り!

お姉さんが出来たと知らされ、夕霧が挨拶にやってきました。「何も知らなかったものですから、お引っ越しのお手伝いもしませんで失礼いたしました。このような弟がおりますこと、どうぞお見知り置き下さい」。いきなり降ってわいたように家族が出来る平安時代。夕霧もあっけないほどサッと受け入れてます。なんかリアクションとか疑問とかないんだろうか。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。