ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

外食産業の調理が変わる!?キッチン専門の業務用ロボット「Flippy」がアメリカから登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キッチンの奥でせわしくなく働くロボットの腕。映画かコミックでしかお目にかかれなかった光景が今、現実となって目の前で繰り広げられている。

ロボットの名前は、「Flippy」。米国のロボティクス企業Miso Roboticsと、外食事業のCaliグループが共同で開発したプロダクトだ。Caliグループが所有するハンバーガーチェーンCaliburgerでの使用を目的に製作した本品。すでにいくつかの店舗に、導入されているとのこと。

・自主的に調理するAI搭載型ロボットアーム

キッチン専門のロボットアームは、これまでにも開発されてきたが、実際に現場で稼働させるのは、おそらく「Flippy」が初めてだと思われる。彼の仕事は、ハンバーガーを上手に焼くこと。最適な温度を保ちつつ、焼き加減を自動で調節するよう、予めプログラミングされている。

面倒な設定も、ほぼ不要。内部に組み込まれたカメラとセンサーを使って、室内にある食材を見つけ出し、自ら調理を開始。使えば使うほど、人工知能によって経験値が上がっていく。

・人間とコラボして作業効率をアップ

最大の特徴は、人間とコラボレーションができるところ。パティを焼き終わった段階で、終了の合図を調理人に発信。知らせを受けた調理人はトッピングしたり、パティをバンズにはさんでいく。この時点で、人間の負担はかなり軽減されていることがわかる。

完璧なキッチンアシスタントとして、日々の作業に貢献するのはもちろん、ビジネスコストの節約と、生産性のアップというおまけまでついてくるのだ。

Caliburgerは今後、50店舗に「Flippy」を導入する予定。季節限定メニューに対応するアドバンスドコンピューターイメージングをはじめ、さまざまな新機能の開発も、視野に入れているという。

Flippy/Miso Robotics

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。