体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ストレス低減」「〇〇効果」「〇〇菌」!? 最近気になる“体によさそうなチョコ”をコンビニで集めてみた

「ストレス低減」「〇〇効果」「〇〇菌」!? 最近気になる“体によさそうなチョコ”をコンビニで集めてみた

コンビニのお菓子コーナーでたくさんの種類が並ぶチョコレート製品。それぞれのパッケージをよく見てみると、「ストレスを低減する」とか「〇〇効果」、「腸の調子を整える」など、何やら体によさそうなコピーが書かれたチョコレートをよく見かけませんか? 気になったので体によさそうなチョコレートを買い集めてみました。

今回買って来たのは、下記の6製品。
・『ビフィズス菌チョコレート』(森永製菓)
・『LIBERA』(江崎グリコ)
・『GABA』(江崎グリコ)
・『アーモンド効果』(江崎グリコ)
・『チョコレート効果』(明治)
・『乳酸菌ショコラ』(ロッテ)

それぞれ、パッケージにはどんなことが書かれていて、実際の味はどうなっているのでしょうか。

「生きたビフィズス菌がとれる」という『ビフィズス菌チョコレート』

chocolates2

最近、ローソンで見かけるようになったのが『ビフィズス菌チョコレート』。パッケージ上部には「機能性表示食品」の表示と共に、「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」と、ストレートに効能をうたう文言が書かれています。「生きたビフィズス菌BB536が20億個とれる※2枚当たり」とも。

chocolates3

パッケージ裏面には「カカオ分70%の本格ハイカカオチョコレートのおいしさそのままに、ビフィズス菌BB536が20億個とれる(2枚当たり)チョコレート」とあります。

chocolates4

『ビフィズス菌チョコレート』には、チョコレート製品と、『全粒粉ビスケットクランチチョコ』の2製品があるのですが、クランチチョコのパッケージ裏面も「カカオ分70%の本格ハイカカオチョコレートとビフィズス菌BB536と香ばしい全粒粉ビスケットのうれしいおいしさがぎゅっとつまったクランチチョコ」と、効能としては変わらない文言が書かれています。

さらにパッケージ裏面で効能を説明しているのが、「届出表示」というもの。『ビフィズス菌チョコレート』では、「本品にはビフィズス菌BB536が含まれます。ビフィズス菌BB536には、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています」と詳細な説明が記載されています。ビフィズス菌BB536には、そういう効果が期待できるんですね。

chocolates5

味の方はどうでしょうか。チョコレートの方は70%のハイカカオだけあって甘さ控えめ、カカオの味がしっかり感じられる大人味のチョコレート。カカオ感のある一方で、苦みや渋みは抑えられているのも特徴です。滑らかでくちどけもよく、普通にチョコレートを食べたいときに口にして、かつビフィズス菌が摂れるなら得した気分になりそう。クランチチョコはビスケットの食感と香りが加わり、小腹が空いたときにより満足感が得られそうです。

「機能性表示食品」とは?

chocolates6

『ビフィズス菌チョコレート』のパッケージ表面にある「機能性表示食品」という表示と、パッケージ裏面の「届出表示」は、実はセットになったもの。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会