体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

捕集実感UPの黒い『クイックルワイパー』が登場 これはスタイリッシュにキメたくなるヤツ!

img_6942-6_fix

「黒って、発見。」

ガジェット通信のお掃除番長ことオサダコウジ記者が目をつけたのは、新発売の黒い『クイックルワイパー』。ちょっと様子がおかしい件については後述するとして、ありそうでなかったスタイリッシュかつ掃除への意欲が高まる本製品を紹介しましょう。

捕集実感がUP

img_6817-2

このたび数量限定で販売されるのは、『クイックルワイパー 本体 ブラックカラー』『クイックルワイパー ハンディ 本体 ブラックカラー』

それぞれ付け替え用に、『クイックルワイパー ふわふわキャッチャーシート ブラックカラー』(3枚入り)と『クイックルワイパー ハンディ 取り替え用シート ブラックカラー』(3枚入り)も販売されます。

img_7001-10

なぜ黒い必要があるのか。結論からいうと、シートに吸着したホコリが目視しやすいのです!

img_6995-9

ふわふわの黒いシートでサッシの溝や家電周りをサッと拭くと、白や灰色のホコリ、花粉、ハウスダストなどをしっかりキャッチできているのが目に見えて分かります。もちろん拭き取れるホコリの量に差はないはずですが、黒いだけで捕集実感がUPなのです。

img_6985-8_fix

オサダ記者:「うーん、黒って、満足。掃除後の充実感が違う。黒って、新たな選択肢。」

調査(花王調べ/2016年)によると、「掃除をして部屋がキレイになったと感じる瞬間」として5人に1人が「雑巾や掃除シートにホコリがたくさんついたとき」と回答しているそう。不思議なもので、キャッチしたホコリが確認しやすいと掃除していて気持ちがイイんですよね。

掃除用品なのにスタイリッシュ

そんでもって、ブラックカラーの掃除用品って、なんかスタイリッシュじゃないですか? 

掃除用品がスタイリッシュな必要があるのか……というご指摘はごもっともですが、実は販売元の花王が分かりやすくスタイリッシュ推ししてるんですよ。

krockle_instagram

黒い『クイックルワイパー』の広告グラフィックには、モデル歴わずか3か月でパリコレデビューを果たした新進気鋭のトップモデルMIKI EHARAさんを起用。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。