体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「足が痛くてもう動けない!」まるで24時間マラソン?八方塞がりの中、徒歩オンリーの願掛け参りで姫が偶然であった相手~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

頼みの綱がプー太郎、困った時の神頼み

やっとのことで九州を脱出し、念願の京入りを果たした一行。しかし、その後の予定は白紙です。ひとまず、昔の知人を探し当て、九条のあたりに住まいを確保。現在のJR京都駅には八条口がありますから、九条はそれより南側ですね。内裏に近い二条や三条と言った高級住宅街とは違い、九条はいわゆる下町で、物売りの声などが響くごちゃごちゃした界隈でした。

頼みの綱の豊後介は、働きたくても仕事がないプー太郎状態。日が経つにつれ、連れてきた家来たちは1人抜け2人抜け、どんどん離脱していきます。(あの時はそうするしかないと思ったけど、今となっては全く、考えなしに行動したもんだ)。かといって、今更どの面下げて九州へ帰れよう。一行は八方塞がりの日々を過ごします。

困り果てる息子を母の乳母が心配すると、豊後介は「俺のことはどうにでもなるから大丈夫。大夫の監なんかに姫様を渡したら後悔してもしきれなかったよ。それより、これから先どうすればいいか、神様や仏様に導いていただくのはどうだろう?」。

というわけで、一行はまず、九州で参詣していたのと同じ神様を祀る石清水八幡宮(京都府八幡市)へ。更に「次は、初瀬(長谷寺)にお参りしましょう。この観音様の霊験は中国にまで聞こえているとか。姫様は同じ日本の九州に暮らしていたのですから、きっとご利益がありますよ」。

こうして姫一行は、京都~奈良を南下して、長谷寺までの旅に出ることに。約50km超の道のりです。しかも願掛けなので、移動手段なしの徒歩オンリーという縛りつき。下女や警護の侍を含めても約10名ほどの、とてもこじんまりとした旅団でした。

まるで24時間マラソン?「足が痛くて動けない!」

願掛け参りの道のりは、姫にとっては大変な試練です。深窓のお姫様に至っては立って歩くことすら稀だったというこの時代、お姫様が自力で長距離を歩くというのはものすごいことだったに違いありません。物語の他の高貴な女性たちも誰もこんなことはしていないだけに、彼女の運命の数奇さや薄幸さが際立ちますね。

顔もわからぬ母を想いながら、姫は一心不乱に歩き続けました。(お母さま、お母さま。もう亡くなられていて、私のことをかわいそうだと思われるのなら、そちらへ呼んでください。もし生きていらっしゃるのなら、どうかお顔を見せて……)

ところが旅の4日目、椿市(海石榴市とも。奈良県桜井市金屋付近)という所でついに足が限界に。もう歩くとも言えないような状態でここまできたものの、足の裏が腫れ上がって一歩も動けません。目指すお寺はもう目の前ですが……。なんだか24時間マラソンを見ている気分。

近くの宿に掛け合って、なんとか部屋で休ませてもらっていると、オーナーらしい男が「どうして勝手に客を泊めたんだ!今夜は大事なお客様がいらっしゃるのに。勝手なことをして」と怒っているのが聞こえます。

肩身が狭いが仕方ない……。一行が遠慮しながら部屋を使っていると、相部屋の客らしい一団がやってきました。主人は身分のありそうな女性で、女房から下男下女、イケメンの侍に馬まで連れています。姫一行に比べると相当立派なお客さんです。

オーナーはこの客にペコペコ頭を下げ、相部屋の件を謝りながら「どうかお泊り下さい」と懇願。結局、部屋に幕のようなものを張って、お互いに遠慮しながら過ごすことになりました。

もしかして生き別れたあの人たち?確認を阻む意外な問題

身分のありそうな相部屋の客とは、六条院に仕えるあの右近でした。旅慣れた右近もさすがに足が疲れて横になっていると、ふと、先客の声が聞こえます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会