体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった10分!栄養もたっぷり!忙しい人のための「スピードカレー」【保存版レシピ】

f:id:kanagohan:20170914162227j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

すっかり秋ですね。季節の変わり目で体調を崩されないよう、香りと辛さで食欲を増進! カレーを食べて元気になりましょう! というわけで、今回紹介するのは、10分で作れるサバ缶を使った簡単カレーです。

じつは、サバはイワシやサンマよりもEPA、DHAが豊富。血液サラサラ、脳の活性化などの効果が期待できます! 缶詰にしても栄養価は変わらないので安心。缶の煮汁にも栄養素が溶け込んでいるので、今回は汁ごと使いましょう。

北嶋佳奈の「10分で! サバトマトカレー」

【材料】(2人分)

サバ水煮缶 1缶 トマト缶 1/2缶 玉ねぎ 1/2個 油 少々 おろしにんにく、おろししょうが 各小さじ1 カレー粉、薄力粉 各小さじ2 ウスターソース、顆粒コンソメ 各小さじ2 塩、コショウ 少々 ごはん 茶碗2杯分

作り方

f:id:kanagohan:20170914162232j:plain

1. 玉ねぎは薄切りにする。

f:id:kanagohan:20170914162235j:plain

2. フライパンに油を熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒める。しんなりしたらカレー粉と薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。

f:id:kanagohan:20170914162238j:plain

3. サバ缶、トマト缶、ウスターソース、顆粒コンソメを加え5分ほど煮て、塩コショウで味を整える。器にごはんを盛り、カレーをかけて完成!

ストック缶詰でスピードカレー!

f:id:kanagohan:20170914162231j:plain

お肉とはまた違ったコクとうま味たっぷりのサバカレー。魚臭さはにんにくとしょうが、スパイスの風味で消えて、一度食べたらクセになる味ですよ。あっという間に作れるので、遅く起きた日のブランチに、時間がない日の家ごはんに、ぜひ作ってみてください。では、また!

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。 ウェブサイト:HALEAINA(ハレイナ) Facebook:@kanagohan レシピブログ:北嶋佳奈さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年9月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

野菜はデザインできる?銀座の植物工場で採れたて野菜を食べてきた
うわさの「玉ねぎヨーグルト」は本当にカラダにいいのか?聞いてきた
【餃子の王将】最強のオリジナルミックスメニューを探せ【DJメシ】

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。