ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方

多くの悩み事は人間関係に起因することが多い。

話し方が上手い人は他者から好かれるように、人から嫌われる話し方もあるものだ。嫌われる話し方をしていると、相手からの信頼を得ることもできず、人間関係もギクシャクしてしまいがちだ。

では、どんな話し方がNGなのか。

『嫌われないコツ』(植西聰著、ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を参考に、嫌われる「断り方」を2つ、取り上げよう。

■お互い不愉快になる断り方とは?

言葉には聞いた時に心が明るくなるポジティブなものと、聞いただけで気分が落ち込むネガティブなものがある。

例えば「無理です」「ダメです」といった、まさに「断るため」の言い方はネガティブ。断る時に気が重く感じたり、人から断られた時に気分が落ち込んだりするのは、これらのネガティブな言葉が使われるからだ。

では、どう断ればいいのか。それはポジティブな言葉を使いながら断ることだ。

例えば、「ありがとうございます。私にはもったいないお話ですが、他にもっとふさわしい方がいるのではないかと思います」など、肯定的な言葉を使う。こうすることで、ネガティブな印象が最小限で済むのだ。

■ハッキリとしない言葉を使うのはNG

ハッキリとした言葉を使わない人は、人間関係がうまくいかない。「考えておきます」と言ったまま回答しなかったり、「別にかまわないけど」と適当な返事をしたまま、いつまでたっても具体的に動かなかったりする人が典型例である。

あいまいな返事をするということは、本心では断りたいと思っていることが多いが、言われたほうはハッキリしない相手に対し、「いい加減な人」とマイナスの印象を抱くだろう。

黙っていても相手が察してくれるということはない。言葉に出して伝える以外方法はない。そして、その時はポジティブな言葉を選ぶことも忘れてはいけない。

少し使う言葉を変えるだけで印象は大きく変わる。できるかぎり人間関係は良好でありたいもの。そんなとき、ちょっとした言葉選びに気を使う意識をするだけでも、相手が抱く印象は良いものになるはずだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「報酬」と「罰金」、どちらの方が人は動くのか?

「生産性」は2つのステップで劇的に上がる

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。