ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「Chrome 61」が正式リリース、Google翻訳のツールバーとコンテキストメニューがリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 9 月 5 日、Android 用 Chrome ブラウザの新バージョン Chrome 61(61.0.3163.81)を正式にリリースしました。Chrome 61 での主な変化点は Google 翻訳のツールバーとコンテキストメニューが新しくなった点です。Chrome ブラウザでは、システム言語と異なる言語のページを表示すると Google 翻訳によるページ翻訳が利用できます。Chrome 61 になってこのツールバーがリニューアル。タブの追加によって簡単に翻訳する言語を切り替えることができるようになりました。また、ツールバー上のオーバーフローメニューを使用するとタブに表示する言語を切り替えることや自動翻訳の設定など翻訳機能に関するオプションをすぐに変更できます。コンテキストメニューとはユーザーがリンクや画像を長押しするとポップアップするダイヤログのことで、Chrome 61 でより直感的に使用できるデザインに変わりました。特に写真の場合は長いオプションのリストが表示されないようになり、一般的な操作のアイコンが表示されます。Source : Chrome Releases Blog

■関連記事
旅行計画アプリ「Google Trips」がようやく日本語に対応
LG V30、Xperia XZ1、Galaxy Note 8がNetflix HDRに対応
Xiaomi、同社初のAndroid Oneスマートフォン「Mi A1」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。