体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【裏業界人のゴハン】裏稼業の数だけメシがある!丸野裕行の『ウラメシ』!‐第1回‐

ランチを覗けば、ウラの人生が見えてくる! 裏社会で働くオトナの昼ごはん、それが「ウラメシ」!

どうもこんにちは! 裏社会ライターの丸野裕行です!

最近性欲がなくなってきたなぁと感じているんですが、年齢とともに疲れが溜まってくるし、この暑さだと仕方がない!!
みなさんは残暑の中、いかがお過ごしですか?

でも、そんな中でも元気な人はいる!
若者やちょっと小金を持ったおじさんが足しげく通うところといえば、そう風俗店ですよね。

様々なお店がひしめく京都でもやっぱり働いている人がいる!
今回は、女の子ではなく、お店をしっかりと年中無休で回している店員さんにスポットを当ててみました。

やってきたのは、祇園の某人気店。
店名は控えますが、彼らは昼の空き時間でどのようなウラメシを食べているのか、ちょっと覗いてみましょう!

風俗店員の一日

風俗店員の業務といっても、たくさんの種類があります。ヘ〇ス、キャバ〇ラ、ピ〇〇ロ、ソ〇プなど…。
今回は、ヘル〇店の店員さんが主役です!

たとえば、大きなくくりで分けると、(1)店舗型 (2)無店舗型 になるんですね!

今回取材をしたのは店舗型のお店で働く藤井亮さん(仮名、29歳)

彼がこの業界に入ったのは、2年前。系列店舗を移動しながら、仕事を覚えたという彼の夢は、店舗の責任者になることだそうです。実はこの業種、なかなかどうして、ダメ人間が多くてしっかりと業務をこなせば出世を見込めるそうです。さらに、最近のこういったお店は、社会保険や雇用保険をちゃんとしてくれるので、まさしく会社員。安心して就職することができます。

業務といえば、主には、お客さんとフロントや待合などで対面して接客をするもの。お客さんが来店したら、出勤している女性を受付係りの店員さんが案内したりします。働く彼らは非常に多忙で、交代制でご飯を食べに出たりするわけですね。それと同時に店舗の掃除や備品の補充、注文など雑務が多いですわけです。もちろん、プレイルームの掃除もあるので体力的にハードワークになります。

いやぁ~、そりゃお腹が空きますよね!
では彼のお仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?

業務内容っていうと、
(1)ホームページのチェック
(2)サイトの更新作業
(3)女の子の出勤確認
(4)店舗にて受付
(5)プレイルームの掃除
(6)店舗の備品の確認及び発注

などが風俗店員である彼の1日のお仕事です。

基本の勤務時間は12時間です。バイトスタッフは違うのですが、正社員になった途端に12時間労働になるので、ブラックであることは間違いありません。深夜までの勤務になると、清掃や部屋のメンテなどで、普通の仕事よりも拘束時間は長くなります。人気店になればチャンスはあるんですが、やっぱり大変になってきますし、有給休暇や長期休暇などもないのでキツ仕事ですよね。

藤井くん「お金をとにかく稼ぎたい気持ちが強いんですよね、僕って。野心にあふれている男の人も多いし、大体、どのお店でも月給25万~30万円くらいもらえるのがスタートラインなので、給料はいいと思います。使う暇もないですし(笑)。店長になったり、役職がつくのが他の仕事に比べても早いし、昇給だってスグなのがこういう風俗の仕事ですね」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会