ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

雨上がり宮迫が不倫疑惑について『バイキング』で生釈明!オフホワイトではなくグレー?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1

8月11日、タレントの宮迫博之さんが『バイキング』(フジテレビ)に生出演し、週刊文春にリークされた複数の女性との不倫疑惑について生釈明した。

文春の突撃取材に対して、自らの潔白さについて“オフホワイト”とビミョーな表現したとして若干ひんしゅくを買ってしまった感のある宮迫さんだが、今回の釈明はいたって明快かつ詳細。

「(文春に撮られたシーンは)いつも飲む仲間内がいるのだが、その時はたまたま二人きりになってしまった。
僕と飲んだことがある人はわかると思うけど、飲んだらすぐ眠くなってしまう。(疑惑にあがった)二人とホテルの部屋で過ごしたことは事実で“もしかしてできるかも”という下心もあったけど結局3回フラれている」

「仲間の名前が報道に出てしまったのは残念。こういうことになってしまったので二度とお会いすることは無い」

「文春さんにここ数週間張られていることはわかってました。僕はぜんぜん大丈夫です。なんのやましいこともないです」

「“オフホワイト”という表現は文春の記者さんから振られたので乗ってしまった」

と一連の疑惑について説明した。

番組司会者の坂上忍さんも

「僕も責任を感じている。(8月4日に放送された同番組で)“宮迫くんが記者に張られて迷惑しているらしいですね”とバラしたら、急に話題を振られた宮迫くんがしどろもどろになってしまった。その直後に文春から直撃取材があった」

と文春の報道に影響を与えてしまった可能性について言及。

同じ番組レギュラーのよしみで若干救われた印象もある宮迫さんだが、最後には自身の潔白さについてあらためて“グレー”と表現した上で

「嫁からは“お前何度目や”と信じられないくらい怒られました。でも“家族やから助けるよ。あんたがまた癌になったり子供が事故にあったりするよりよほどマシや”と言われました。もうしません」

と反省の言葉で締めくくった。

※画像は『バイキング』オフィシャルサイトから引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。