ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

うな丼をワンコイン(500円)で提供! “うなぎ専門店 うなどん丼”が秋葉原に土用丑の日オープン!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

500円で“うな丼”が食べられる“うなぎ専門店 うなどん丼”が、土用丑の日である2017年7月25日(火)にオープンした。場所は“博多風龍 秋葉原末広町店”跡地で、神保町店に次ぐ2号店目となる。猛暑が続く7月を生き抜くため、精をつける意味でさっそく食べに行ってみた!

ふわふわのうなぎに秘伝のタレをかけ放題

“うなぎ専門店 うなどん丼”は、手軽に食べられるうなぎ専門店。ワンコイン(500円)で食べられるのはメインメニューである『炭火うな丼』だ。そのほか、人気No.1とうたう『炭火うな丼ダブル(980円)』『炭火特上うな丼(1500円)』『炭火丸一匹メガ盛り(2000円)』などがあり、『肉玉そばおとど流スタ丼(並盛り 500円)』といった変わり種なども提供している。

▲「博多風龍」跡地を利用した店舗。

▲注文は店頭にある券売機を利用。トッピング等にも対応している。

飲食店レポの場合、写真映えの良い『炭火丸一匹メガ盛り(2000円)』などを注文するものだが、ここはあえて“ワンコイン”にこだわり、『炭火うな丼(500円)』を注文。食券を店員さんに渡し、カウンターに着席した。見たことろ、店内は縦長の作りで、カウンター8席、2人掛けテーブル3席が用意されていた。

そして待つこと2~3分。牛丼チェーン店並の速さで『炭火うな丼』が提供された。

▲ふっくらとしたうなぎ。ちなみにタレかけ前。

▲タレかけ後。

500円なので、正直なところ大きさと味は値段相応かと思っていたが、食べてみるとふっくら仕上がっていて、想像以上に旨い。使い放題の甘辛い“秘伝のたれ”との相性も良く、このレベルを気軽に食べられるのはかなり嬉しい。

なお、本店舗では持ち帰りにも対応しており、店頭に専用のコーナーを設置。秋葉原界隈で働いている方も利用しやすい形になっている。また、毎月10日は“どん丼の日”ということで、『炭火うな丼』をなんと390円で提供。かなり太っ腹なキャンペーンを打っている。

当たり前だが、老舗のうな丼の味には敵わない。しかし、この味をリーズナブルな価格で食べられるという点においては、かなり魅力的なお店だと思う。気になる方は足を運んでみてはいかがだろうか。

【店舗概要】
うなどん丼 秋葉原末広町店
■住所:東京都千代田区外神田6-14-13
■営業:11:00~23:00
■電話:03-5846-0710

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。