体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

センベロにB級スポットに廃屋廃墟……独特の魅力溢れる「北区赤羽」!(廃墟廃屋、そして……編)

(※B級スポット編はこちら)http://getnews.jp/archives/1828747

1番街ストリートも、しばらく先に進むと徐々に地元の商店街らしき光景へと変わり、いわゆる“面白味”が徐々に薄れてきます。それではここで少し、東側の方へ道を外れてみましょう。

メインストリートから少し外れるだけで、繁華街の裏とは思えない町並みが広がります。

そこをしばらく進むと、周囲の一般住宅とは明らかに雰囲気が異なる建物が見受けられます。ここがお目当ての、ひとつ目の廃屋です。

ただ歩いているだけでは見逃してしまうかと思いますが、よく見れば天井がダメになっている完全な廃屋です。駅から徒歩5分以内、アクセス良好な物件と言えるでしょう。

さらにここから徒歩5分も掛からない場所に、次の廃屋が待ち構えています。建物全体がツタに覆われている、少なくとも人は住んでいないであろう物件です。

ツタに覆われていてわかりづらいですが、所々の窓ガラスが割れています。

電気メーターは設置こそされていましたが、動作した様子がまったく見られませんでした。こちら勝手口は開けることすらままならないでしょう。

裏側のベランダは崩壊寸前、おそらく中も相当に傷んでいるものと思われます。

何故か縛りぶら下げられていたゴムチューブ? です。上るにしても下るにしても無理があるような……。

取材当日、近所の野良猫がスルリと入っていった建物の穴です。内部は猫屋敷になっているのかもしれません。

さて、一通りの探索を終えたところで、本日最後の目的地であるB級スポット『赤羽霊園』へと向かいます。こちらは時間セットの飲み放題、カラオケ付きのスナックのような営業内容で、店内には店主手作りの様々なギミックが数多く設置されており、かつそれらを店主自らの手で発動し、ランダムにお客さんを脅かせてくれるのが売りのお店、なのだそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。