体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめ】キリン『47都道府県の一番搾り』って一体なに? その違いは? わかりやすく解説しよう!

嵐のCMでおなじみ、2016年も話題となったキリンビール株式会社(東京都中野区)の企画商品『47都道府県の一番搾り』が2年目の展開中。「それぞれの都道府県に特化したビール」ということはなんとなくわかるけど、一体どんな商品なの!? ということで、味の違いや入手方法、発売スケジュールなどを詳しくまとめてみた。

 

『47都道府県の一番搾り』と「一番搾り」との違いは?

人気グループ・嵐が出演するCMでもおなじみの『47都道府県の一番搾り』は今年で2年目の展開。パッケージに大きく県名が書かれている故、その県で製造しているビールと思われがちだが、必ずしも各県で造られたビールではない。

 

キリンビールの醸造工場は日本国内に9ヵ所のみ。なので9種類以外の38種類はその県で造られてはいない。「その県をイメージしたビール」なのである。

 

とはいえ、ただラベルを張り替えただけではない、こだわりある商品だから面白い。全47種のうち、各県産の麦やホップ、米が原料に使われているものもある。そして味の方向性についても、各都道府県の郷土料理に合う味わいや、県民性を味で表現するなど、47都道府県それぞれに強い個性を持たせている。各県民とキリンが語り合った上で造り上げた、47種類のビールなのだ。

 

 

その県でしか買えないから、楽しい!

『47都道府県の一番搾り』は基本的に、その県でしか買うことができない。入手の難しさが、飲む楽しさを倍増させる。

 

自分にゆかりある土地のビールを飲んだり、旅行先で飲んだり。お土産にも最適だろう。

 

確実に入手するためには、発売スケジュールと売り切れに注意してほしい。47種類のビールは、4回に分けて発売される。

 

 

『47都道府県の一番搾り』発売スケジュール

前述したように、『47都道府県の一番搾り』は全国9カ所の工場で順番に造るため、47種を一度に発売することはできない。そのため2017年4月~7月にかけて、全4回に分けて発売される。

 

【2017年のスケジュール(全4回)】
第一弾(4月4日発売)/長野、新潟、山梨、三重、岐阜、静岡、長崎、佐賀、大分
第二弾(4月25日発売)/北海道、宮城、茨城、神奈川、愛知、滋賀、兵庫、岡山、福岡
第三弾(6月6日発売)/群馬、栃木、東京、千葉、埼玉、大阪、奈良、和歌山、京都、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄
第四弾(7月18日発売)/青森、秋田、岩手、山形、福島、石川、富山、福井、鳥取、島根、山口、広島、香川、徳島、高知、愛媛

※キリンビールの醸造工場(全9カ所):北海道千歳工場(北海道)、仙台工場(宮城)、取手工場(茨城)、横浜工場(神奈川)、名古屋工場(愛知)、滋賀工場(滋賀)、神戸工場(兵庫)、岡山工場(岡山)、福岡工場(福岡)

 

このうち、第二弾として登場した9道県はすべて製造工場の所在地であり、これらに関してはその道県で製造したビールといえる。商品名も、その他38都府県は「一番搾り ○○に乾杯」であるのに対して、「一番搾り ○○づくり ○○工場限定醸造」と特別感がある表記だ。 ※〇〇は地域名

ちなみに「○○に乾杯」という名前は、一番搾りを通して、その地域の方々の「乾杯シーン」をひとつでも多く創っていきたい、との想いが込められているそう。

「売り切れ」にも注意してほしい。『47都道府県の一番搾り』は各都道府県から事前に受けた注文量に合わせて製造しており、基本的には増産しない。エリアにもよるが、昨年の実績を見ると発売から1~2ヶ月で無くなるところが多いため、気になる人は早めの入手がおすすめだ。

 

 

メーカーに聞いた! 違いを感じるビールのテイスティング方法

さて記者の手元には複数の「一番搾り」があるのだが、せっかく飲み比べるなら、味の違いをしっかり感じたいところ。そこで、基本的なビールの飲み方をキリンの広報担当に尋ねてみた。

 

「ビールの種類によりますが、一般的に適温は6℃~8℃。グラスは、よく洗浄したものを使用することをおすすめします」とのお言葉。どうやら、おいしいビールを飲むためにはグラスの洗浄はかなり重要なポイント。油汚れなどが付着していると、綺麗な泡ができにくいなどといった残念な事態に…。まずは、出来る限りグラスをキレイにすることを心がけるべし。

 

さらに「一般的なピルスナータイプは、グラスも冷やしておくと良いですよ」とも。たしかに、グラスまでキンキンに冷えたビールは、とにかくウマい! 手にも伝わる冷たさや、口当たりの心地よさ、そして喉ごし…すべてが格段にアップする。夏に向けて、常に冷凍庫にグラスを仕込んでおくべし。

 

そして「最近は、香りに特徴のあるビールが多いので、満タンに入れずに香りを溜めるヘッドスペースを作るのもおすすめですよ!」というのは、さすがの知識。きちんと香りまで楽しむためには、おっとっとっと~なんてギリギリまで注がないほうがいいというわけだ。以後、心とグラスに余裕を持ってビールを注ぐべし。

 

 

第三弾(6月6日発売分)全13種類を飲んでみた!

ビールのおいしい飲み方を学んだところで、6月6日に発売された『47都道府県の一番搾り』をまとめて飲み比べてみた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。