体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で視聴者をザワつかせた日本人マジシャン『TanBA』を直撃

『ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain’s Got Talent、以下BGT)』と言えば、ポール・ポッツやスーザン・ボイルを輩出してきたイギリスの公開オーディション番組。そのBGTで先月イギリス中をザワつかせた日本人マジシャンがいます。その名は『TanBA』氏。

TanBA’s tastebuds get a close shave | Auditions Week 6 | Britain’s Got Talent 2017(YouTube)
https://youtu.be/PBKA0JlT3Rw

BGTのステージに立ったTanBA氏のマジックパフォーマンスは風船飲みから始まります。次にステージから審査員席まで降りていき、出場者に厳しい批判を浴びせることで知られる名物審査員サイモン・コーウェル(以下、サイモン)にカミソリが本物かどうか実際に紙を切らせて確認させます。日本語の「美味しい」を意味する”yummy”の一言を放った後、4名の審査員の目の前で次々にカミソリを飲み込んでいきます。

日本のテレビでもよく見かける「絶対に真似をしないでください」を意味するテロップ「DO NOT TRY THIS AT HOME」が表示されます。

痛さを想像してか観客は引き気味でのけぞったりします。

審査員の1人アリーシャ・ディクソンに至っては、目も鼻の穴も口も開きっ放し状態。

そこから紙、カミソリ数枚、緑色のお酒、赤い糸を連続で飲んでいきます。全て飲み終わった後、赤い糸を引っ張っていくと、カミソリから風船までこれまで飲み込んだものが全部出てきます。最後に風船をカミソリで割ってフィニッシュ。審査員4名が総立ち、観客も立ちあがって拍手喝采。文句なしの合格です。

同氏のマジックパフォーマンスは番組放送後、多くのイギリスメディアでも紹介されました。

ハフポスト(HuffPost)英国版
http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/britains-got-talent-magician-tanba-razor-blades-balloon-watch-video_uk_59214172e4b034684b0cfda0[リンク]

メトロ(Metro)
http://metro.co.uk/2017/05/21/britains-got-talents-tanba-almost-cut-his-tongue-off-once-with-his-dangerous-act-6650429/[リンク]

デイリー・エクスプレス(Daily Express)
http://www.express.co.uk/showbiz/tv-radio/806948/Britain-s-Got-Talent-2017-Tanba-swallows-RAZOR-BLADES-Simon-Cowell-ITV[リンク]

デイリー・メール(The Daily Mail)
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-4524274/Britain-s-Got-Talent-hopeful-SWALLOWS-razor-blades.html[リンク]

ロイヤル・ファミリーまでザワついたかは未確認ですが、イギリス中をザワつかせた張本人に直撃インタビューしてみました。

―なぜ『BGT』に出場しようと思い立ったのでしょうか?

TanBA:私はかねてより海外のショービジネスに興味がありました。これまでに様々なショーのオーディションに応募したのですが、何の反応もありませんでした。またリアクションがあったとしても、ビザの都合で不合格になるなど何度となく悔しい思いをしてきました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。