ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本気のアウトドアウォッチはコレだ! セイコー プロスペックスのGPSソーラーウオッチ『ランドマスター グレートトラヴァース』が7月8日より登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
main

セイコーウオッチの本格スポーツウオッチブランド『セイコー プロスペックス』から、 タイムゾーンに縛られないグローバルなアドベンチャーを想定して開発したGPSソーラーウオッチ『ランドマスター グレートトラヴァース』が2017年7月8日(土)より登場。

『セイコー プロスペックス』は、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えたスポーツウオッチブランド。その中でも(ランドマスター)は、優れた堅牢性と信頼性により、登山家や極地の冒険者など過酷な環境に立ち向かう挑戦者たちに長く愛用されてきたシリーズとなる。

商品の特徴

GPSソーラー×アドベンチャーという発想
新たに誕生した『グレートトラヴァース』は、 地球上のどこにいてもGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度を特定し、すばやく現在地の正確な時刻を表示可能なGPSソーラーウオッチ。 特に、 高山や洋上と言った携帯電話などの電波が届かないアドベンチャーフィールドで威力を発揮。さらにソーラー充電機能を搭載し、定期的な電池交換や外部充電の必要がないため、不意の電池切れの心配もない。

アドベンチャーフィールドでの使用に最適なスペック
堅牢性と優れた装着感を両立

大自然での風雨をものともしない20気圧防水のケースには、軽量かつ高耐食なチタンを採用し耐衝撃性を向上させるとともに装着感にも配慮。さらに、最も傷がつき易い部分の一つであるベゼル部には、耐摩耗性と耐食性に優れたセラミックスを採用。タイムゾーンを表記したカーキ色のベゼルでタフさを演出している。

sub2

操作性への配慮
本作のキャラクターを特徴づける12時位置に配置したりゅうずとボタンは、手首の動きを妨げないと同時に、ウェアを脱ぎ着する際の引っ掛かりを防ぐために考案されたもの。 グローブをしたままでも操作し易い大型のりゅうずとボタンには、特徴的なローレットを刻み、滑りにくいように配慮されている。また、ケースと同じチタン製のブレスレットには、ウェアの上からでも装着が可能なようにエクステンダー機能が採用。

sub3

視認性の追求
多機能ながら高い視認性を実現するダイヤルデザインが採用。サファイアガラスに施したスーパークリア コーティングと暗い中で長時間発光するルミブライトをインデックスと針に塗布することで、昼夜にかかわらず抜群の視認性を誇る。 基本時計と3時位置の小時計の時針にはエマージェンシーカラーのオレンジが施され 判読性を高めている。

過酷な旅のお供には、頼りになる本格派アウトドアウォッチを連れて行くといいだろう。

公式サイト

セイコー プロスペックス
http://www.seiko-watch.co.jp/prospex/

商品詳細情報

セイコー プロスペックス『ランドマスター グレートトラヴァース』
品 番SBED007
希望小売価格270,000円+税
ケース・ブレスレットチタン(ダイヤシールド)+一部セラミックス
ダイヤルブラック
発売予定日7月8日(土)

【商品仕様】
ガラス材質 : サファイアガラス(スーパークリア コーティング)
ベゼル材質 : セラミックス
防水性能 : 日常生活用強化防水(20気圧防水)
耐磁性能 : 耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
ケースサイズ :[外径]48.8mm(りゅうず・突起部含まず) [厚さ]15.2mm
アフターサービス : メーカー保証 保証期間1年間

【ムーブメント仕様】
GPSソーラームーブメント キャリバー8X53
時間精度 : 平均月差±15秒(受信できない状態で、 気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
受信機能
: GPS衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能
: スマートセンサー(自動時刻修正機能)
: 強制時刻修正機能
: 捕捉衛星数表示機能、 受信結果表示機能
: 受信オフ機能(機内モード)
その他機能
: デュアルタイム表示機能(24時針表示つき)
: 針位置自動修正機能
: パワーセーブ機能、 パワーリザーブ表示機能
: ソーラー充電機能
: ワールドタイム機能(40タイムゾーンに対応)
: パーペチュアルカレンダー(2100年2月28日まで)
: DST(サマータイム)機能

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。