ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【東京おもちゃショー2017】ソニーが新しいトイ・プラットフォーム『toio』をお披露目

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【東京おもちゃショー2017】ソニーが新しいトイ・プラットフォーム『toio』をお披露目

6月1日から4日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催された『東京おもちゃショー2017』。ソニーは、動きのある工作やゲームなどが楽しめる新しいトイ・プラットフォーム『toio(トイオ)』をお披露目しました。

toio2 toio3

『toio』は、本体のコンソールとリング状のコントローラー2個、内蔵モーターで走行するコアキューブ2個から構成するトイ・プラットフォーム。『toioタイトル』と呼ばれるコンテンツを収録したカートリッジをコンソールに挿入して、おもちゃやマット、カード、本を組み合わせて遊びます。子供たちが自分で遊びを工夫したり、工作をカスタマイズして遊べるのが特徴です。

toio4

コアキューブには平面上の絶対位置を検出できるセンサー、小型でもキビキビ動く高性能モーターを搭載し、コントローラーにはスライド操作できるスイッチやモーションセンサーを搭載。ソニー独自の技術やデバイスが採用されています。

toio5

12月1日に『トイ・プラットフォームtoio』を発売し、同時に対応コンテンツ『トイオ・コレクション』『工作生物ゲズンロイド』の2タイトルを発売します。価格はオープンで、『トイ・プラットフォームtoio』は2万円前後、『トイオ・コレクション』が5000円前後、『工作生物ゲズンロイド』が4000円前後になるとのこと。

toio6

『トイオ・コレクション』はおもちゃ同士を戦わせる遊びやパズル、シューティングゲームなど5種類の遊びが楽しめるセット。

toio7

『工作生物ゲズンロイド』は、『ピタゴラスイッチ』の制作などで知られるユーフラテスが企画協力したコンテンツで、工作と動きのプログラムにより人工生物を作れる工作ブック。ティザー動画で話題になったシャクトリムシのような動きをする“シャクトリー”、一つ目の生き物のように動き回る“めだま生物”の動きを動画で撮影してきたのでご覧ください。

【東京おもちゃショー2017】ソニーのトイ・プラットフォーム『toio』はこんな風に動く (YouTube)
https://youtu.be/IX6lMlAdQ8Q

toio8

今後はバンダイ、レゴ、ソニーミュージックが手掛ける子供向け教育コンテンツの『KIDSTONE』などがパートナーとなり、『toioタイトル』を追加していくとのこと。

『toio』は、『wena wrist』『MESH』『Qrio Smart Lock』といったプロジェクトを製品化させてきたソニーの社内スタートアップ支援プログラム“Seed Acceleration Program”で開発された製品。6月1日から、ソニーが運営するクラウドファンディングとEコマースのサイト『First Flight』で先行予約販売を開始しています。期間は6月末までで、数量限定。一部セットは既に完売していますが、発売日に確実に入手したい人はチェックしてみては。

toio( First Flight)
https://first-flight.sony.com/pj/toio

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。