ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハンドジェスチャーで空撮ドローンを操作!DJIの新作「Spark」は手のひらサイズ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_2a4a中国のドローンメーカーDJIはこのほど、新作の空撮ドローン「Spark」を発表した。手のひらに乗るサイズで、同社のラインナップでは最も小型となる。

目玉は手を上下左右に振るなどのジェスチャーでドローンの動きやカメラのシャッターを操作できる機能。空からの自撮りもハンズフリーで手軽に行える。

サイトで予約受付が始まり、価格は6万5800円からとなっている。

fullsizeoutput_2a4c・タップひとつで飛行

どれくらい小さいかというと、サイズは14.3×14.3×5.5センチ、重さはわずか300グラム。小型なのに加え、さまざまなシーンを簡単に撮影できるよう撮影モードが充実しているのが特徴だ。

操作を楽しむよりとにかく手軽に空撮したい、という人にはQuickShotがうってつけ。タップひとつでドローンが飛行し、しかも斜めに高度をあげながらとばしたり、旋回させたりと動きを選べるので、映画のような撮影も夢ではない。

・手の動きで離発着

操作はアプリや専用コントローラーでも可能だが、ハンドジェスチャーでもコントロールできるのは斬新だ。

fullsizeoutput_2a5b賢いSparkはユーザーの手の動きを認識。手のひらの動きでホバリングや離発着させることができ、Sparkの前で指でフレームをつくると撮影ができる。

・最大スピードは時速50キロ

もちろん、他のドローンにもある被写体の自動追尾機能や、衝突回避機能も搭載している。最大飛行時間は16分、最大速度(スポーツモード)は時速50キロ。

fullsizeoutput_2a56カメラには1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、最大静止画サイズは3968×2976、動画の解像度は1920×1080/30pとなっている。

価格はSpark本体にバッテリー、充電器などがついたセットが6万5800円。これに送信機やプロペラガードなどが加わるコンボの価格は9万1800円。

Spark/DJI

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。