体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ『Gumroad』や『PayPal』が日本から現れないのか

デジタル・IT
考える日常

今回はkazutomiさんのブログ『考える日常』からご寄稿いただきました。

なぜ『Gumroad』や『PayPal』が日本から現れないのか

『Gumroad』*1 まわりが面白くなってます。足りない機能を補う『Gumroad Search』*2 が出てきたり、リンクを隠す『GumSafe』*3 が出てきたり、さらに GumSafe がコンテンツ URL を自分の方に抱えることで事実上『Gumroad』の決済機能だけを利用できるようにしたり、面白くてたまりません。

「gumroadの決済URLが割れてもコンテンツURLの隠匿性を維持できる機能を追加しました」2012年02月21日『gumsafe 開発ブログ』
http://gumsafe.hatenablog.com/entry/2012/02/21/104559

というわけで関連する情報を目にすれば興味を持って読んでるうちに、

はっきり言ってこんなサービス、やろうと思えばどこの会社もすぐできたはずなんです(実際そのように言っていた方も見かけました)。それをなぜやらなかったか?

「Gumroad の問題点についてもう少し掘り下げてみました。」2012年02月05日『見て歩く者』
http://wildhawkfield.blogspot.com/2012/02/gumroad_15.html

という疑問を見かけました。

実は私も類似のサービスを数年前に思いついて、起業できるか考えたことがあるので、この疑問には答えられます。

答:やってみようとすればわかる(苦笑)。

いや、規制のせいです。ほんとそんだけ。

以下、起業家の視点で、この手のサービスがどう規制に阻まれてしまうかを書きます。正確なところは法律家に聞いて下さい。関連する法律はこんな感じ:

・出資法(1954年)
・銀行法(1981年)(施行令、施行規則)
・プリペイドカード法(1989年)(施行令、施行規則)
・犯収法(2007年)(施行令、施行規則)
・資金決済法(2009年)(施行令、資金移動業者に関する内閣府令)

ちなみにプリカ法が資金決済法に変わりました(プリカ法は2009年に廃止)。あと外為法とかも関係してくるけど面倒すぎてやってられん。

なぜ『PayPal』は日本から生まれなかったのか

ディジタルコンテンツ売買決済をサービスしようとすれば、およそ以下の3方法が考えられます。

(A) 買い手からあらかじめお金を預かっておいて、それを代金に充てる
(B) 買い手がポイントを購入しておいて、それを代金に充てる
(C) 売買に応じて対価を送金する(現金を運ぶのはナンセンスなので、現金は運ばない=為替取引になる)

『PayPal』は(A)と(C)をやってます。

ここで、日本でお金を扱う商売をするときの大原則を見ておきましょう。これ豆知識な。

・商売で人からお金を預かっちゃいけない(出資法)→ (A) は禁止
・為替取引は、銀行しかやっちゃいけない(銀行法)→ (C) は禁止

『PayPal』使ってる人は知ってると思うけど、2009年まで日本で正式サービスしてませんでした。それまで――資金決済法ができるまで――違法だったからです。そして資金決済法ができても、(A) は資金移動業者に許されてません。だから『PayPal』で“入金”しようとすると、日本ではダメって言われるでしょ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会