体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】スクープ!マックG監督がガジェット通信にターミネーター5と6の構想を激白!

6月13日に全国ロードショーを控えている話題作『ターミネーター4』。先日豊洲で開催されたジャパンプレミアに合わせて来日したマックG監督に、6月5日、インタビューを敢行してきました。そのインタビューの際に語られた『ターミネーター4』の続編、つまり『ターミネーター5』と『ターミネーター6』の情報をどこよりも早くお伝えしようと思います。

—ターミネーター5の構想はあるのでしょうか?
マックG監督 「もちろん! 舞台は現代、渋谷にあるスクランブル交差点からはじめようと思ってるんだ。みんなも良く知ってる青い光球が渋谷のスクランブル交差点の中央に現れて……その中から(シュワルツェネッガーが出現したのと同じように)ジョン・コナーが現れるんだ! “マシンが攻めてくるぞ!” と警告しにね!」

—新しいトリロジーが始まったわけですが、『ターミネーター6』は『ターミネーター1』へ繋がっていくのでしょうか?
マックG監督 「その通り。『ターミネーター4』もこれまでの、特に『ターミネーター1』と『ターミネーター2』に大きく繋がっているわけだけど、『ターミネーター』シリーズは、そういう繋がりがとても重要なんだ!」

熱く語るマックG監督は、その『24』(トゥエンティーフォー)的な容貌と違ってとっても気さくで喋るの大好きなすげぇいい奴(ナイスガイ)でした。インタビューの詳しい内容は後日改めて公開予定ですが、聞けば何でも答えてくれるマックG監督、インタビュー時間がわずかしかなかったのが もったいなくって仕方なかった六本木の昼下がりでした(このニュースの詳細記事はこちら)。

■映画大好き!他の記事も読んどこう!
SF映画史上最短の126分『スター・トレック』
全米初登場1位! ディズニー/ピクサー新作映画『カールじいさんの空飛ぶ家』とは?
休みの日には『WALL・E』見とけ【TSUTAYAへ全力疾走】
がんばれGOEMON【映画評】
期待しないで観ると損をする!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は最高傑作!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会