ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

田原総一朗「東大を出て官僚になっても、正解のない問題は解けない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
田原総一朗氏

 東京都の猪瀬直樹副知事とジャーナリストの田原総一朗氏は2012年2月8日夜、出版社主催の教育シンポジウムに出席。猪瀬氏は「(社会に)疑問を持つという教育がされていない」と日本の教育の問題点について指摘。田原氏も「疑問を持たない人間ほど、官僚や政治家になっている」との見識を示した上で、「日本(の教育で)は正解のある問題の解き方しか習っていないから、東大を出て官僚になっても、正解のない問題は解けない」と語った。

■日本は「東京電力型」社会

 シンポジウムで猪瀬氏は、日本の教育が孕む問題について

「”秀才”というのはダメなんですよ。秀才は隣の秀才を見ているから、より秀才である秀才を追いかけるだけで、独自の発想が出てこない」

と分析。”秀才”によって作られている日本社会は、問題解決意識の薄い「東京電力」型の社会であり、戦後日本の生き方であったと述べた。さらに猪瀬氏は、議論の中で日米の安全保障にも触れ、

「(日本人が)皆が東電みたいな大きな会社に入って、そして一生安泰で(あると思っているが)、実は(日本の)防衛はアメリカがやっている。何も疑問を持たないで、ずーっといけると思っていたのが戦後(日本)社会であって、ディズニーランド型の社会だった」

と従来からの持論を展開しつつ、東日本大震災を経た日本社会に対して、公共の概念を改めて問い直すことなど、教育が担う本来の目的について再考を促した。

■「正解のある問題」しか教えない日本

猪瀬直樹氏

 田原氏は、2010年にNHKで放送され反響を呼んだ『ハーバード白熱教室』のサンデル教授の授業風景や、東京都初の民間人校長として「よのなか科」を立ち上げた藤原和博氏の教育スタンスを例示し、日本の教育の”欠陥”は「正解のある問題を解くことしか教えない」ことにあると指摘する。

「世の中に出れば、問題に”正解はない”。正解のない問題をどう解くかと(考えたとき)、日本(の教育で)は正解のある問題の解き方しか習っていないから、東大を出て官僚になっても、正解のない問題は解けない」

 このように田原氏は、現在の日本の教育システムに対して強い懸念を示した。その上で、自分で主体的に物事を考えることや、思考にイマジネーションを働かせることの重要性を訴えた。さらには、日本人のディスカッションに対する意識や関心の低さにも触れ、自らの意見を積極的に発言することの大切さや、その能力を養うための教育機会が必要であると述べていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「日本は正解ない問題の解き方を教えない」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv80134572?po=news&ref=rews#1:14:01

(内田智隆)

【関連記事】
玄葉外相「沖縄に海兵隊を1万人残すという日米合意は変わらない」
東京都が訓練用の緊急速報メールを配信 「届かなかった」と不安の声も
橋下市長、「朝まで生テレビ!」で激論 ネットでは建設的な議論求める声も
石原都知事「東京湾の中が大きな震源地になる可能性がある」
谷垣「マニフェスト違反だ」野田「違反ではない」 国会で代表質問始まる

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。