体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きいことはいいことだ!光学式トラックボール『オプトトラックボールPro(MA-TB38BK)』製品レビュー

opttrackball1

サンワサプライが販売する光学式トラックボール『オプトトラックボールPro(MA-TB38BK)』をお借りしました。長時間パソコン(PC)に向かって作業するユーザーは、いわゆる“マウスひじ”に悩まされている方も多いのでは?医学的には、マウスを使う反復動作がストレスになり、痛みやしびれを感じるようになるそうです。『オプトトラックボールPro』は、55mmと大径のボールを採用し、リストレストにより手首やひじのストレスを緩和するコンセプトのトラックボールです。早速使ってみましょう(すべての写真を見る)。

■仕様
まず製品の仕様を確認しておきましょう。

カラー:ブラック(MA-TB38BK)とシルバー(MA-38S)
インタフェース:USB HID仕様バージョン 1.1(USB 2.0でも使用可)またはPS/2マウスインタフェース
コネクタ形状:USB(Aタイプ)またはミニDIN 6Pin オス
分解能:1000/500 カウント/インチ
読み取り方式:光学センサ方式
ボタン:4ボタン、ホイール(スクロール)ボタン
サイズ:W106×D80×H29mm
ケーブル長:1.5m
対応OS:Windows Vista/XP/2000/Me/98SE/98、Mac OS X(10.2以降)
価格:7875円(税込み)

■付属品
製品には、本体のほかに下記が付属します。

・USB-PS/2 変換アダプタ
・取り扱い説明書

■ドライバのインストール
ドライバのインストールは、本体とPCを接続するだけ。自動でインストールが完了します。サンワサプライのウェブサイトからダウンロードできるドライバソフトをインストールすると、Windows Vista/XP/2000では、ボタンへのキー割り付け機能が利用できます。一部のノートPCでは、そのハード専用のポインティングデバイス用ドライバをアンインストールして使う必要があるので、使う前に説明書をよく確認しましょう。

■ストロークを稼げる大径トラックボール

opttrackball2

55mmのトラックボールは、わずかな回転でも大きくカーソルのストロークを稼げて快適です。マウスと比べると、格段に往復動作のストレスが少ないことが分かります。

ホイールボタンと右ボタンを一緒に3秒押すと、分解能の切り替えが可能。通常は1000カウント/インチに設定されており、スピーディーにカーソルを操作できます。500カウント/インチに切り替えると、同じ操作でもカーソルのストロークは短くなります。

ホイールボタンを押すと、Windowsではスクロールモードになります。文書をスクロールして読む場合などに利用しますが、読むスピードに合わせて分解能を使い分けるとよいでしょう。マウス操作のゲームなどに使う場合は、どちらの解像度がよいか好みが分かれそう。遊んでみて、しっくり来る方を使うのがよさそうです。

■柔軟に使えるリストレスト

opttrackball3 opttrackball5

リストレストは、手前に引き出すことで2段階、位置を調整できます。ラバーコーティングされたリストレストは、手を載せても滑らず、柔らかな触感。操作スタイルに合わせて位置を調整すれば、長時間の作業でも快適に利用できるでしょう。

opttrackball4

狭い場所で使う場合は、リストレストを外して使うことも可能。リストレストを外すと、男性の手にすっぽり収まる寸法で、コンパクトに使えます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会