ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「時間」の哲学を感じる ヴァシュロン・コンスタンタンの新作天文時計

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヴァシュロン背

天文学と時計製造は密接に結びついている。スイス最古の時計メーカー、ヴァシュロン・コンスタンタンは今年の国際高級時計見本市(SIHH)で5種の新作天文時計を発表した。特に注目されたのは、開発に5年(内、設計2年)の歳月を要したという「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」。1人のマスター・ウォッチメーカーが専任で製作し、世界で1本限定という貴重な腕時計だ。

最高峰の時計技術が集約された同作には、人為的な修正がそれぞれ400年毎、122年毎に1日という永久カレンダーと高精度ムーンフェイズ表示、また「潮位と地球」、「月」、「太陽」の位置関係を示す3D描画を組み合わせた潮汐表示など、数多くの天文コンプリケーションが組み込まれている。中でも注目したいのは文字盤の3本の針から読み取れる「常用時」と「太陽時」の時間表示だ。

「常用時」とは “太陽は1年を通じて一定の速度で赤道の周りを移動し24時間毎に1周する”という仮定の理論に基づく時間表示のこと。一般的に「平均太陽時」と呼ばれるこの理論では1年は365.25日、1日は24時間、1時間は60分に分割される。対して、「太陽時」とは1日の中で太陽の目視可能な軌道に基づいて、所定の場所と時間で計測された時角によって表される時間表示のこと。この「(真)太陽時」と「平均太陽時」との間には最大プラス14分からマイナス16分の差が生じ、両者が一致するのは1年で4回だけとなる。

こうした時刻の不一致が起こるのは地球が周回する公転軌道が“楕円形”であること、太陽はその軌道の中心にあるわけではないこと、また地球が軌道を移動する速度も一定ではなく、自転軸も周回軌道面に対して傾いているという事実による。ちなみに同作の背面には「恒星時」という、もう1つの時間表示も備え、全部で3つの時間表示を叶えている。

生活するための時刻を知るだけでなく、潮の満ち引きや、月の満ち欠け、そして天文から導き出される、“一定でない”時間の進行をも感じ取ることができる天文時計。時刻を確かめるたびに、天文レベルでの大きな時の動きを感じ取ることができる、ロマン溢れる1作だ。

watch-recto

【問い合わせ先】
「ヴァシュロン・コンスタンタン」
0120-63-1755
www.vacheron-constantin.com/jp

「ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティック」
中央区銀座7丁目8番8号
03-3569-1755

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。