体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

苦節15年!イーロン・マスクもついに男泣き?  再利用ロケット打ち上げ完全成功の歴史的快挙

Screen Shot 2017-03-31 at 02.16.50-s

宇宙企業スペースXや電気自動車テスラモーターズのトップとして有名なイーロン・マスク氏が、ロケット打ち上げライブ中継に生出演。メディアに登場する際は”ひょうひょう”としたイメージの同氏だったが、今回はなんと目頭を熱くさせ感動に打ちひしがれていた様子。それほどに今回の打ち上げは重要だったのか? そのハイライトを追っていきたい。

打ち上げ生中継の様子は以下からご覧いただけます。マスク氏は29分30秒あたりから登場。

SES-10 Hosted Webcast
https://www.youtube.com/watch?v=xsZSXav4wI8 [リンク]

アメリカ東海岸現地時刻3月30日午後6時27分、アメリカの宇宙開発企業スペースX社は史上初となる軌道級ロケットの打ち上げに成功した。今回使用されたファルコン9ロケット1段目は、昨年4月8日に打ち上げられ洋上で回収されたもの。再利用されたロケットは再び海上のドローン船への着陸も成功させ、「ロケット再利用」サイクルへの大きな前進となった。またロケットに搭載された通信衛星「SES-10」も無事軌道投入に成功。同社にとって今回の打ち上げは、2002年に創業して以来の悲願であった「ロケット再利用」を実証する完全成功の出来事となった。

Screen Shot 2017-03-31 at 02.21.15-s

もちろん今回もYoutube上にて生中継が行われた。
大気圏突入により、グリッドフィンが赤く燃える様子もハッキリと確認できる。再利用である一段目を切り離した後、搭載されている人口衛星は最終的に静止トランスファ軌道(高度約3万6000キロ)を目指す。

Screen Shot 2017-03-31 at 01.22.35-s

通信状況の悪化による数回の中断のうち、ドローン船『Of Course I Still Love You(“もちろんまだ君のこと愛してるよ”号)』に見事着陸した姿を表す、再利用ロケット第一号。再利用ロケットが宇宙に行って再び帰ってくることが可能であると証明された瞬間である。

Screen Shot 2017-03-31 at 01.22.13-s

スペースX社内で行われたライブ中継会場では、今までにない割れんばかりの歓声があがっていた。生中継は社内で行われるのが慣例だったが、今回は特に社員たちも喜びを爆発させている様子だ。

1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。