ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【似てると話題】マウイとジーニーは同じクリエイターが生んだキャラクターだった!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

null

現在大ヒット上映中の『モアナと伝説の海』。主人公モアナと共にに注目を集めているのが、伝説の英雄マウイです。ゴツい見た目とは反対に、歌って踊れる5,000才という陽気なキャラクターで人気の彼。映画を観た人からは「『アラジン』のランプの精ジーニーとそっくり」「マウイのジーニー感すごい」という声も多く聞かれます。

それもそのはず。実は、マウイを手がけたのはジーニーを生み出したディズニーの伝説のアニメーター、エリック・ゴールドバーグ氏。本人なのです!

伝説の英雄マウイと世界最強の魔人ジーニー。彼らには多くの共通点があります。まず一つ目は、丸く太った大きな体。2人とも人間離れした体格でモアナとマウイ、ジャスミンとジーニーを比べるとその大きさがより分かります。2つ目は明るく陽気で自信家な性格。ジーニーはランプに1万年閉じ込められ、マウイも1000年島に閉じ込められていながら、元気に歌って踊る陽気さを持っています。3つ目は、何にでもなれる変身能力だ。ジーニーはウサギやドラゴン、蜂やお肉など自由自在に変身でき、マウイも釣り針を使いタカやサメ、トカゲなどいろいろな姿に変身します。

そんな2人を生み出したディズニーの伝説のアニメーター、エリック・ゴールドバーグ氏は「マウイとジーニーはとても愉快で強いキャラクターなんだ。そして2人とも変身できるんだよ」と共通点を語っているが、2人を描くにあたり決定的に違う所が。それは描き方の手法です。

1993年に日本で公開された『アラジン』は、すべて手描きアニメーションで制作。一方本作では、CGアニメーションで制作されています。しかし、マウイの体の刺青は手描きアニメーションで描かれており、CGと手描きアニメーションを組み合わせて描かれいます。

そのように2つの手法を組み合わせて 描いたマウイについてエリックは「アニメーションの技法をミックスさせられたのはとても楽しかったよ。タトゥーは実際に手描きで彫られるものだから、手描きアニメーションを使うのは理にかなっているしね。多くの試行錯誤はあったけれど、手描きアニメーターとCGアニメーターの共同作業の賜物だよ」とマウイについて語っています。

CGアニメーションという最新技術と、伝統的な手法を用いて作られたマウイ。これから観る方はタトゥーの柄の細部まで注目してみて!

【動画】映画『モアナと伝説の海』英雄マウイの声優アツイ!あの隠れキャラも登場する「俺のおかげさ」フルバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=WgBcxzbVYO4

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

『アラジン』パッケージ

『アラジン』ダイヤモンド・コレクションMovieNEX 発売中/デジタル配信中
「モアナと伝説の海」公開記念 ディズニーキャンペーン実施中
(c)2017 Disney
発売/ウォルト・ディズニー・ジャパン

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。