体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

串に刺さない”鶏焼き肉”って何?伊勢海老から松阪牛の希少ホルモンまで、女神のお膝元で美味しいものを食す三重グルメ旅

江戸時代、庶民の夢だった『お伊勢参り』。天照大神は太陽の女神、豊受大神は食物と産業の女神として、古くから多くの人の信仰を集めてきました2016年に伊勢志摩サミットが行われた際は、各国首脳も伊勢神宮を訪れたのは記憶にあたらしい所です。サミットから約1年。今年は『お伊勢さん菓子博』が行われるとのことで、女神のお膝元、三重県で美味しいものを訪ねてみました。

4年に1度のお菓子の祭典『菓子博』とは

(画像はhttp://www.kashihaku-mie.jp/より引用)
菓子博は、明治44年の第1回から現在までほぼ4年に1度、行われているお菓子の博覧会です。正式名称は『全国菓子大博覧会』。会場には全国からお菓子が集まり、優秀な菓子には大臣賞などが受賞されます。お菓子屋さんにとって、この菓子博で受賞することは大変名誉なことだそう。また、菓匠による芸術的な工芸菓子も見どころの一つです。

会場は開催ごとにかわり、前回(2013年)は広島、今回(2017年)は三重県伊勢市で初開催。その愛称が『お伊勢さん菓子博』。”お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へをテーマに、三重県営サンアリーナと周辺会場にて、4月21日から5月14日まで行われる予定です。

伊勢名物『赤福』&パティシエを目指す高校生たちのお菓子作り

伊勢名物といえば『赤福』です。本店は多くのお客さんで大混雑。

筆者の目の前でものすごい勢いで売れていき、売り切れ続出。

おみやげ用は工場でライン生産されていますが、お店では手作りの赤福餅が食べられるのも嬉しいです。

目の前には五十鈴川。畳のお座敷で赤福餅とほうじ茶を頂きます。

(写真は赤福提供)
1707年の創業以来、伝統のスタイルを守り続けてきた『赤福』ですが、今回行われる『お伊勢さん菓子博2017』では白あんを使った紅白の赤福餅『祝盆(いわいぼん』が会場限定で登場。

(写真は赤福提供)
また、こちらも菓子博限定で、江戸~明治時代を思わせる、黒砂糖を使った昔懐かしい味わいの赤福餅が復刻。白砂糖のものよりちょっとクセのある甘みだそうで、食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

『お伊勢さん菓子博2017』の見どころの一つが工芸菓子。絵画や彫刻をお菓子の作品で作り出す、一大アートです。地元の菓子職人が巨大工芸菓子を担当し、県内7つの高校・専門学校生たちも参加しています。そのうちの一つ、三重県立相可(おうか)高校にお邪魔しました。

相可高校は公立の学校としては珍しく食物調理科を持ち、数々の料理コンクールで優勝する有名校。生徒たちが運営する常設レストランがあるのは、国内でここだけ。ドラマ『高校生レストラン』のモデルにもなりました。

今回の工芸菓子の担当テーマは地元の野菜とのことで、生徒たちは一生懸命野菜を作っています。

本物みたいですが、これもお菓子なんだそう。いろいろな素材を組み合わせて本物らしい質感や色合いを試行錯誤しています。

色むらなども精彩に表現していますね。

プロを目指すレベルの高い生徒たちですが、普通のお菓子づくりとはまた違った工芸菓子の扱いに、苦戦を強いられているそう。

工芸菓子作りの経験がある菓匠などから指導を受け「そこから新しいアイディアがひらめいて、ドンドン自分たちでチャレンジして行くんです」と先生。ただ学習するだけでなく、吸収して発想に変えていく力。自発的でなんとも頼もしいですね。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。