体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前田敦子さんがジャイ子に ジャイアン「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」

ジャイ子

ドラえもんを何とハリウッドスターのジャン・レノが、30歳になった野比のび太を俳優の妻夫木聡さんが、スネ夫を山下智久さんが演じている、トヨタのCM“実写版ドラえもん”。本日、ジャイアンの妹・ジャイ子役にAKB48の前田敦子さんが起用された事が明らかになり話題となっています。

28歳になったジャイ子ですが、トレードマークのベレー帽と白タートルネックと赤いワンピースというお馴染みの服装は健在。しかし、以前のイメージより随分とキレイで大人っぽくなった彼女。ドラえもんとのび太がCMの最後にようやく、目の前にいる女性がジャイ子だと気付くのにも納得です。

“ドラえもん界の二大妹”であるジャイ子がこんなに美しく成長するとは驚きです。まさに、俺の妹がこんなに可愛いわけがない!

そこで、今回は知ってる様で、意外と知らなかったジャイ子の基本的なプロフィールをおさらいしたいと思います。

名前:ジャイ子。本名は不明(これは、ジャイ子の本名と同じ名前の女の子が学校でいじめられると困るからという藤子・F・不二雄先生の配慮があったと言われている)。

性格:ジャイアンと違い温厚で穏やかな性格(当初は粗暴な性格であった)。

将来の夢:漫画家。トレードマークのベレー帽はこの夢に由来すると考えられ、常にスケッチブックを持ち歩いている。ペンネームはクリスチーネ剛田。過去に手がけた作品は『虹のビオレッタ』、『愛フォルテシモ』など。

のび太との関係:ドラえもんが登場しない場合の未来では、ジャイ子はのび太と夫婦になっている。

ボーイフレンド:実際のボーイフレンドは隣町に住む“茂手もて夫”という青年。コミック40巻「泣くなジャイ子よ」や、短編映画「がんばれ!ジャイアン!!」では、ジャイアンがこの恋の為に奮闘する姿が描かれている。

優しく、つぶらな瞳が愛らしく、漫画と言う夢に向かって真っ直ぐ頑張るジャイ子。いつも乱暴なジャイアンも、妹の困っている姿には滅法弱く、いつもお兄ちゃんらしい接し方をしています。

また、「ジャイアンの語源は“ジャイ子”の“あんちゃん(兄)”だから」という説は不確定情報であり、小学館も公式に否定しているとのことなので注意。

何はともあれ、今後も実写版ドラえもんでのキャラクター達のやりとり、新たに誰かが追加されるのか、目が離せませんね。ちなみに筆者が実写版ドラえもんで担当してみたい役は、ねこのミイちゃん。関係者の皆様オファーお待ちしております。

“実写ドラえもん”が話題 CMと舞台でどっちの「のび太」がピッタリ?

※画像は「ドラえもんチャンネル」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。