体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

既存のアプリストアは「自由さがなくて息苦しい」 iPhoneゲームアプリをブラウザで遊べる『Tombo Platform』を公開したTombo CTOのグニャラくんにインタビュー

既存のアプリストアは「自由さがなくて息苦しい」 iPhoneゲームアプリをブラウザで遊べる『Tombo Platform』を公開したTombo CTOのグニャラくんにインタビュー

「iPhoneゲームをブラウザで遊べるTombo Platformをリリースしました。いぇい」。『ニコニコ大百科』の生みの親として知られるプログラマーのグニャラくん( @tasukuchan )がCTOを務めるTomboが、iPhoneアプリをウェブゲームとして遊べるプラットフォームを公開しました。なぜこのような物を作ったのでしょうか? グニャラくんに『Twitter』でいろいろ聞いてみました。


『Tombo Platform』は、『Apples to Oranges(A2O)』と呼ばれるコンパイラを利用して、iOSアプリとして作られたゲームをブラウザで遊べる形式で公開できるプラットフォーム。『A2O』コンパイラはiOSアプリのソースを自動でJavaScriptに変換してしまうという、何やらすごそうなコンパイラ。変換を実行する際のスクリーンキャプチャーが動画で公開されています。

a2o: Converting iOS apps into webapps(YouTube)
https://youtu.be/-TDRg2vryiU

tombo2 tombo3

現在、『Tombo Platform』には『Mr.AahH!!』(PONOS)、『パズルプリズム』(PONOS)、『生きろ!マンボウ!』(SELECT BUTTON)の3タイトルが公開中。パソコンのブラウザだけでなく、スマートフォンのブラウザでもプレイ可能になっています。ただし、スマートフォンでは「モバイル機器で実行する場合、メモリやCPUパワーの不足で正常に実行されない恐れがあります」とアラートが表示されます。

ゲームを遊ぶユーザーは、『Twitter』のアカウント認証でログインすることでゲームのプレイが可能。アプリのインストールが不要、『Twitter』などSNSでシェアしたURLからすぐにゲームが遊べる、といった特徴があります。

なぜこのようなプラットフォームを開発したのでしょうか。グニャラくんに聞いてみました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。