体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「甲状腺癌は実はその気になって探せばすごく多い」ツイートまとめ

ラテント微小癌の頻度は、わが国では10〜28.4%と報告されている

原発事故によって被災地で増える可能性もあるのではと言われている甲状腺癌(ガン)。今後調査などが行われその実態がわかってくるとは思いますが、それらの調査の結果を見る前に知っておきたい話がTogetterでまとめられていました。放射線科医のPKAさんによれば、甲状腺癌には増殖がゆっくりで、発癌しても寿命が来るまで何も起こさないものがあり、それらはよく調べるとかなりの割合で見つかるという話があるそうです。そしてその数字は甲状腺疾患の専門書によれば「10〜28.4%」とのこと。かなり高い割合でこの何も起こさない甲状腺癌にかかり、そのまま寿命を迎えている人がいるということです。何も起こさないので、通常だったら知らないまま寿命を迎えるのですが、甲状腺癌の有無を調査するとこれらの人々が調査結果として数字にあらわれてくる可能性があります。以下、PKAさんのツイートを再度まとめてみました。

PKAさんによるツイートまとめ

※以下、PKAさんに許可をいただきツイートをまとめたものです。

確かに記憶にはあったのだけど、いまひとつ自信を持って言えなかった、わりと重要な話の証拠を大学で発見してきました。「甲状腺癌は実はその気になって探せばすごく多い」って話。

甲状腺癌で主流のタイプのものは、「癌」という名前のわりに増殖がゆっくりで進行のスパンが長い性質があります(ただし、この性質のせいで治療後相当時間が経っても「もう再発はないでしょう」って言えない)。そんなわけで、発癌しても寿命が来るまで何も起こさないやつが結構あるのです。この死ぬまで何もしない甲状腺癌が、病理解剖するとすごい高い確率で見つかるって話を解剖学講座のドクターから聞いた記憶があったんですよ。彼の話では「5人に1人くらい」という凄まじい頻度。相当前に聞いた話だし凄い割合なんで、「幾ら何でもそんなには」って思って言わなかったわけです。

そしたら今日、資料が見つかりました。「よくわかる甲状腺疾患のすべて」初版の甲状腺微小癌の項目。「ラテント微小癌の頻度は、わが国では10〜28.4%と報告されている」。iPod Touchのショボいカメラですが、読めますよね?

●資料の写真
http://t.co/76KA6Ama [リンク]

このテキストのソースには当たっていないですが、この書き方は「報告例によって揺らぎがあるが、少ない報告で10%くらい、最も多い報告では28.4%」と思っていいでしょう。この頻度は、よく言われる「甲状腺癌の有病率は0.1〜0.3%」というのとは大きく異なります。もちろんこれは剖検例で見つかったものなんで、ほとんどは高齢者。若い人には当然もっと少ないでしょう。また普通の検査で探しても見つからない場合もあるので、「生きてる人相手に頑張って探したら見つかる割合」はもっと減ります。ただ甲状腺癌は30代から急増して50代にピークがある、比較的若い人に多い癌で、20代の患者だってゴロゴロいます。成長が遅い分、発生から10年以上経過してから見つかる事例が多いと言われますんで、20代の患者は10代で既に癌を持っていた可能性が十二分にあるわけです。

要するに若い人が知らずに甲状腺癌を持ってる事例だって相当多いわけですよ。一例ですが、私が大学で学生実習の担当をしていた4年間、学生にお互いに甲状腺エコーの練習をさせていました。その中で4年分の学生約400人(大半は20代前半)から甲状腺癌を2例見つけています。もしかしたらもっといたかも。トントン拍子で甲状腺癌と診断がついたのが2人。要精査の人も5-6人くらいいましたが、その後の経過は知りませんので。要精査の人は多くは良性なので、ここは「癌はゼロだった」と見なしときます。

「若い人は癌の成長が早い」は悪性腫瘍の一般論ですが、甲状腺癌は変わってて、「予後良好因子」の1つに「若年発症であること」が挙げられる癌なんですね。成長の遅いタイプがむしろ若年発症型に多いんです。

●資料『甲状腺乳頭癌の主な癌死危険度分類法と予後』へのリンク
http://t.co/gtZle79H [リンク]

1 2次のページ
政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。